HG マイティーストライクフリーダムガンダムをSD プラズマドラグーンカラーで作る #2 塗装準備編

当ページのリンクには広告が含まれています。
HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(アイキャッチ2)

ご覧いただき、ありがとうございます。

前回に続き、HG マイティーストライクフリーダムガンダムをSD プラズマドラグーンカラーで制作します。

今回は塗装準備編となります。

この記事の内容
  • iPadアプリを使用した塗装イメージの作成
  • モールドの追加やモノアイ加工など
  • 塗料の比較(ゴールド・ブルー)と塗装する色決め

今回も塗装イメージを作成して、SD プラズマドラグーンの雰囲気をマイティーストライクフリーダムに落とし込んでみるよ。

ゴールドやブルーの塗料を比較して、よい色の組み合わせを探してみようね。

目次

制作のモチーフと使用するキット

制作のモチーフ

制作のモチーフは、SDガンダムシリーズに登場するプラズマドラグーンです。

過去に元祖SDガンダムで商品化されていたようですが、現在は入手困難となっているようです。

ゴールドをベースに、アクセントカラーに明るいブルーが組み合わされたカラーリングになっているよ。

今回は、2色のゴールドをベースに、メタリックブルー、もしくはパールブルーをアクセントに組み合わせて制作します。

使用するキット

使用するキットは、2024年5月25日に発売された、HG 1/144 マイティーストライクフリーダムガンダムです。

映画「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」の主役、キラ・ヤマトが搭乗するMSです。

他のSEED FREEDOMシリーズキット同様、新しい可動構造(SEEDアクションシステム)の採用で、劇中のようなダイナミックなポージングが可能になっています。

2丁のライフルにビームサーベルと実剣、レールガンなど、武装が豊富なところも特徴だね。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(仮組みレビュー3)

先に商品化されたHG 1/144 ライジングフリーダムガンダムに比べると、ホワイトの部分が多く、上品で高貴な雰囲気を感じます。

全塗装CROSS CONTRAST COLORで制作するHGライジングフリーダム(仮組みレビュー6)
ライジングフリーダム 塗装前

HG ライジングフリーダムガンダムは、中国限定のCROSS CONTRAST COLORをモチーフに、フィニッシャーズのエンジンブルーなどを塗装して制作しています。

HG ライジングフリーダムで使用した主な塗料
  • フィニッシャーズ エンジンブルー(下地ホワイト、クリアカラーに相当するライトブルー)
  • アルティメットホワイトに少量のエンジンブルーを調色した色(青みのあるホワイト)
  • ガイアノーツ アイスグリーン(アクセントカラーになるライトブルー)
  • GSIクレオス GXアイスシルバー(レールガンやマスキングで塗り分けるウィングのラインなど)
全塗装CROSS CONTRAST COLORで制作するHGライジングフリーダム(完成レビュー22)
ライジングフリーダム 塗装後

HG ライジングフリーダムガンダムの制作記事は、下記のリンクからご覧ください。

iPadのアプリで塗装イメージを作る(SengaChanとibisPaintX)

塗装イメージは、SengaChan(iOS版のみ)ibisPaintXというアプリを使用して作成しています(どちらも無料でインストール可能)。

ご紹介するアプリは、自己責任でインストール、ご使用ください。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。

塗装イメージは、仮組みレビューの画像を使用して作成します。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(仮組みレビュー5)

塗装イメージの作成手順は、下記の記事に詳しく掲載しています。

SengaChan(線画を抽出する)

  • SengaChanで画像から線画を抽出し、画像を保存する
  • モードとシャープネス、しきい値を設定する(モードを「分割」、シャープネスを「中」か「高」、しきい値を「低」に設定)
  • 線画を保存し、SengaChanを終了する
HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(塗装イメージ1)
SengaChanで抽出した線画

ibisPaintX(線画を加工する)

  • 先ほど保存した線画をibisPaintXで開く
  • 黒側と白側の色を調整して線画の輪郭線をできるだけ明確にする
  • 保存ボタンを押していったん画像を保存する
  • 保存した画像の途切れている輪郭線をブラシでつなぐ(この作業が不十分だと隣の部分まで同じ色に塗りつぶされる)
HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(塗装イメージ2)
ibisPaintXで輪郭線を追加した線画

ibisPaintX(線画に色を入れる)

  • 作業レイヤーを追加し、輪郭線のレイヤー1、塗りつぶしに使うレイヤー2を追加する
  • 塗りつぶしを使って、レイヤー2の輪郭線の内側を塗りつぶす
  • 塗りつぶしが完了したら、レイヤー1とレイヤー2を入れ替え、輪郭線が前面になるようにする
  • PNG保存を選び、ibisPaintXを終了する
HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(塗装イメージ3)
塗り分けが完了した塗装イメージ

塗り分けのポイント

ボディカラーは、ゴールドの一部を、2色で塗り分けて、単調にならないよう工夫したいと思います。

プラウドディフェンダー(バックパックのウィング)のうち、成形色がゴールドの部分を中心に、メタリックブルーで塗装します。

ボディのメタリックブルーは、モチーフのプラズマドラグーンを参考に、全身のバランスがよくなるように配置しています。

レールガンなどはシャンパンゴールドかシルバーで塗装します(塗料比較のときに色の相性をみて決めます)。

塗装前の準備をする

ゲート跡を消す

ゲート跡をプロクソンのペンサンダーや、タミヤのフィニッシングペーパー、600・800番で消していきます。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(ゲート跡処理1)
処理前
HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(ゲート跡処理2)
処理後

過去記事でもご紹介したとおり、紙やすりは、画像のように百均(ダイソー)のウッドブロックに同じく百均(ダイソー)の強力スポンジ両面テープ(幅15mm)で貼り付けて使用しています。

プレミアムバンダイ限定のシャア専用ペンサンダー
ガンプラのゲート跡や合わせ目消しに使用する百均のツール

組み立てや塗装前加工に使用している百均ツールは、下記の記事にまとめています。

ラインモールドを彫り直す

ラインモールドは、マスキングする部分やスミ入れしたい部分を中心に、ハセガワのモデリングスクライバー(けがき針)スジボリ堂のBMCタガネ0.15mmを使用して彫り直しています。

段差モールドにキレイにスミ入れできるようにラインを彫り直しているよ。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(モールド加工)
ハセガワ(Hasegawa)
¥1,443 (2024/07/11 00:01時点 | Amazon調べ)

アンテナをシャープにする

頭部のアンテナは、安全保護の部分をカットして、先端をシャープに整えています。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(アンテナ加工1)
処理前
HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(アンテナ加工2)
処理後

実剣(フツノミタマ)の先端もシャープにしているよ。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(仮組み11)
処理前
HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(剣のシャープ化)
処理後

ガンプラなどの仮組み・加工の工程でよく使用しているツールは、下記の記事にまとめています。

塗料を比較する

塗料の比較は、百均のクリアスプーンに、サーフェイサー、比較する色の順に塗装した状態で行っています。

できるだけ実際の色に近くなるよう画像を調整していますが、使用するモニター等の環境により、本文の説明と異なっていたり、色の違いが分かりづらい場合があります。

また、それぞれの色の説明は、筆者が感じた印象となりますので、ご了承ください。

用意した塗料(ゴールド)

ゴールドの比較に用意した塗料は次の4つで、ベースカラーのゴールドとサブカラーのゴールドの2色を選びます。

  • ガイアノーツ Ex- ゴールド
  • GSIクレオス スーパーゴールド2
  • GSIクレオス GXブルーゴールド
  • ガイアノーツ スターブライトゴールド

ホワイト味のあるEx- ゴールド、スーパーゴールド2と、イエロー寄りのGXブルーゴールド、スターブライトゴールドを候補にしているよ。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(塗料比較1)

用意した塗料(シルバー)

シルバー(とシャンパンゴールド)の比較に用意した塗料は次の4つで、レールガンなどの塗装に使用します。

  • ガイアノーツ スターブライトジュラルミン
  • GSIクレオス スーパージュラルミン
  • GSIクレオス スーパーチタン2
  • ガイアノーツ スターブライトシャンパンゴールド

ニュートラルなシルバーよりも少し重みのある色とシャンパンゴールドを候補にしているよ。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(塗料比較2)

用意した塗料(ブルー)

ブルーの比較に用意した塗料は次の4つで、メタリックカラーとパールカラーを候補にしています。

  • ガイアノーツ クリアーブルー(下地 GXラフシルバー)
  • ガイアノーツ プライマリーメタリックブルー
  • ガイアノーツ パールウルトラマリンブルーブリリアント
  • GSIクレオス ディープクリアーブルー(下地 GXラフシルバー)

クリアーブルーとディープクリアーブルーは、GXラフシルバーを下地にクリアカラーを重ねたキャンディ塗装にしているよ。

パールウルトラマリンブルーブリリアントは、プライマリーメタリックブルーより少し濃い色合いの細かめのパール粒子が輝くブルーだよ。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(塗料比較3)

塗料の比較

ゴールドは、GXブルーゴールドとスターブライトゴールドの組み合わせ、シルバーとブルーは2パターンを選び、最終比較しています。

  • GSIクレオス GXブルーゴールド
  • ガイアノーツ スターブライトゴールド
  • ガイアノーツ スターブライトシャンパンゴールド
  • ガイアノーツ プライマリーメタリックブルー

スターブライトシャンパンゴールドとプライマリーメタリックブルーの組み合わせは、穏やかなコントラストになっているよ。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(塗料比較4)
  • GSIクレオス GXブルーゴールド
  • ガイアノーツ スターブライトゴールド
  • GSIクレオス スーパーチタン2
  • ガイアノーツ パールウルトラマリンブルーブリリアント

スーパーチタン2と濃いめの色合いのパールウルトラマリンブルーブリリアントの組み合わせは、はっきりしたコントラストになっているよ。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(塗料比較5)

塗装する色を決める

塗装する色

塗料を比較した結果、HG マイティーストライクフリーダムガンダム(プラズマドラグーンカラー)の塗装には、次の色を使用します。

使用する塗料の組み合わせ
  • GSIクレオス GXブルーゴールド(メインカラーのゴールド)
  • ガイアノーツ スターブライトゴールド(サブカラーのゴールド)
  • GSIクレオス スーパーチタン2
  • ガイアノーツ パールウルトラマリンブルーブリリアント
  • ガイアノーツ メカサフ・スーパーヘヴィ(内部フレーム)

色の組み合わせ

ボディカラーのゴールドは、GXブルーゴールドとスターブライトゴールドを組み合わせ、ゴージャスな雰囲気を目指します。

アクセントカラーがブルーなので、青みのあるゴールドのGXブルーゴールドをメインカラーに選んでいます。

ブルーは、新しい塗料ではっきりしたコントラストになりそうなパールウルトラマリンブルーブリリアントを使ってみます。

HGマイティーストライクフリーダム・プラズマドラグーンカラー(塗装する色の組み合わせ)

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツールなど)

今回のふりかえり

今回もパーツの塗り分けやマスキングの部分を明確にし、全体の色合いを確認するために、塗装イメージを描いています。

ゴールドは2色使って単調にならないようにしていますが、塗り分けそのものはブルーとシルバー系の色のみのシンプルな組み合わせです。

塗料は、ゴールド、シルバーもしくはシャンパンゴールド、ブルーを比較しています。

ゴールドは、Ex- ゴールドやスーパーゴールド2のようなホワイトを感じる色をベースにするつもりでしたが、モチーフのプラズマドラグーンを観察して、GXブルーゴールドに変更しています。

ゴージャスな感じになりそうなこと、スターブライトゴールドとのコントラストが控えめになるなど、仕上がりを楽しみにしています。

他の2色の組み合わせは、スーパーチタン2とパールウルトラマリンブルーブリリアントを選びました。

スターブライトシャンパンゴールドとプライマリーメタリックブルーと甲乙つけ難かったのですが、ゴールドのコントラストが控えめになりそうなので、はっきりしたコントラストの組み合わせを選んでいます。

あと、スーパーチタン2とパールウルトラマリンブルーブリリアントを使ったことがないので、試してみたいという思いもあります。

次回は、今回決めた色の組み合わせに沿って塗装を進めていきます。

塗装レシピ

メモ
  • GSIクレオス GXブルーゴールド
  • ガイアノーツ スターブライトゴールド
  • GSIクレオス スーパーチタン2
  • ガイアノーツ パールウルトラマリンブルーブリリアント
  • ガイアノーツ メカサフ・スーパーヘヴィ

塗料の比較のみに使用したものはこちらです。

  • ガイアノーツ Ex- ゴールド
  • GSIクレオス スーパーゴールド2
  • ガイアノーツ スターブライトジュラルミン
  • GSIクレオス スーパージュラルミン
  • ガイアノーツ スターブライトシャンパンゴールド
  • ガイアノーツ クリアーブルー(下地 GXラフシルバー)
  • ガイアノーツ プライマリーメタリックブルー
  • GSIクレオス ディープクリアーブルー(下地 GXラフシルバー)

使用したツール

メモ
  • ゴッドハンド 片刃ニッパーST
  • ゴッドハンド アルティメットニッパー
  • プロクソン ペンサンダー
  • タミヤ フィニッシングペーパー、600・800番
  • ダイソー ウッドブロック・強力スポンジ両面テープ(幅15mm)
  • ダイソー スポンジやすり(細目)
  • ハセガワ モデリングスクライバー
  • スジボリ堂 BMCタガネ0.15mm

制作過程の記事一覧

今回の制作で使用したキット

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回は、HG マイティーストライクフリーダムガンダムをSD プラズマドラグーンカラーで作る」塗装編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次