【ガンプラ全塗装】HG ガンダムパーフェクトストライクフリーダムをストライクルージュカラーで作る #3 塗装編

当ページのリンクには広告が含まれています。
全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(アイキャッチ3)

ご覧いただき、ありがとうございます。

前回に続き、HG ガンダムパーフェクトストライクフリーダムをストライクルージュカラーで制作していきます。

今回は塗装編となります。

この記事の内容
  • サーフェイサーの塗装
  • ホワイトの調色と本番のエアブラシ塗装
  • 塗装した色の組み合わせチェック

今回の塗装のポイントは、ホワイトにピンクを少量混ぜてほんのりした桜色を作るところだよ。

調色はやり直しが難しいから、慎重に少しずつ作業を進めようね。

[quads id=1]
目次

制作のモチーフと使用するキット

制作のモチーフ

制作のモチーフは、ガンダムパーフェクトストライクフリーダムルージュです。

ガンダムビルドメタバースに登場するガンプラで、2024年1月にHGキットが発売される予定になっています。

また、昨年HG ストライクルージュを制作しているので、塗装する色の参考にします。

全塗装で制作したHGストライクルージュの完成レビュー

HG ストライクルージュの制作記事は下記のリンクからご覧いただけると嬉しいです。

記事にはしていませんが、過去にHG ストライクフリーダムガンダムを制作したことがあります。

モチーフのパーフェクトストライクフリーダムルージュと全く同じように塗装してもつまらないので、こちらの要素も盛り込んで制作したいと思います。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(仮組みレビュー12)

使用するキット

使用するキットは、ガンダムブレイカーバトローグに登場し、2021年12月11日にHGで商品化されたガンダムパーフェクトストライクフリーダムです。

どんな塗装で制作しようかまとまっておらず、積みプラになっていました。

パーフェクトストライクルージュと恐らく色違いのキットかなと思うので、2024年1月の発売より一足先に、制作してみようと思います。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(仮組みレビュー1)

塗装イメージと関連記事

塗装イメージと塗り分けのポイント

ボディのホワイトは、ピンクを少量混ぜて、ほのかにピンクを感じる色にします。

レッド、ピンク、ブラックの塗り分けは、概ねモチーフのパーフェクトストライクフリーダムルージュをベースにしています。

膝のパーツをブラックからレッドに変えたほか、フレームが露出しているボディ正面や関節の部分をゴールドにして、ストライクフリーダムの要素も盛り込んでいます。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装イメージ3)
塗り分けが完了した塗装イメージ

使用したツールと塗料のまとめ記事

HG ガンダムパーフェクトストライクフリーダム(ストライクルージュカラー)の制作で使用したツールと塗料は下記の記事にまとめています。

サーフェイサーを塗装する

サーフェイサーは、ガイアノーツのサーフェイサーを使用しています。

ホワイト

ホワイト(キャラクターホワイトにコーラルピンクを調色した色)の下地は、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォホワイトを塗装しています。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(サーフェイサー6)

ピンク

コーラルピンクとブライトレッドを塗装するパーツの下地は、ガイアノーツのNAZCA ピンクサフを塗装しています。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(サーフェイサー4)
コーラルピンクを塗装するパーツ
全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(サーフェイサー5)
ブライトレッドを塗装するパーツ

グレー

ジャーマングレーを塗装するパーツの下地は、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォ(グレー)を塗装しています。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(サーフェイサー1)

ブラック

Ex- ゴールドとブライトシルバーを塗装するパーツの下地は、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォブラックを塗装しています。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(サーフェイサー2)
Ex- ゴールドを塗装するパーツ
全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(サーフェイサー3)
ブライトシルバーを塗装するパーツ
[quads id=2]

塗装する色の組み合わせ

今回の塗装は、キャラクターホワイトに少量のコーラルピンクを混ぜた色をメインカラーにし、ピンクとグレーは、コーラルピンクとジャーマングレーを組み合わせます。

関節などのゴールドには、イエロー寄りの色よりも上品な印象のEx- ゴールドを選んでいます。

使用した塗料のリスト
  • ガイアノーツ コーラルピンク
  • GSIクレオス ジャーマングレー
  • フィニッシャーズ ブライトレッド
  • GSIクレオス キャラクターホワイトにコーラルピンクを少量調色
  • ガイアノーツ Ex- ゴールド
全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装する色の組み合わせ)

塗装する色は、前回の#2塗装準備編で、塗料を比較してから決めています。

エアブラシで塗装する

エアブラシ塗装に使用するツール

エアブラシのハンドピースは、GSIクレオスのプロコンBOY・ダブルアクションエアブラシ・0.3mmを使用しています。

エアブラシの塗装では、塗料と溶剤の比率を1:1.5程度にしていることが多いので、ガンプラの制作では、ほぼこのハンドピースだけで塗装をしています。

コンプレッサーの圧力を調整することで、メタリックカラーやサーフェイサーの塗装も問題なく対応可能です。

コンプレッサーは、タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーを使用しています。

タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーは、出力が高いので、サーフェイサーや粒子の粗いメタリックカラーなどを均一に塗装できます。

また、夏季の湿度の高い時期など、こまめに水抜きをする必要があるので、水抜きが簡単にできるのも助かります。

ハンドピース、コンプレッサー以外の塗装環境は、下記の記事に詳しく掲載しています。

ホワイト

ホワイトは、GSIクレオスのキャラクターホワイトにコーラルピンクを少量調色した色を塗装しています。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装1)
ほんのりした淡い桜色くらいに調色したホワイト

調色のベースには、くせのないキャラクターホワイトを選んでいるよ。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装10)
調色のベースに選んだキャラクターホワイト

ピンクはボディカラーと同じコーラルピンクを使っているよ。

最初にコーラルピンクを入れすぎると戻すのは難しいので、スポイトで数滴ずつ慎重に色を加えているよ。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装11)
コーラルピンクを数滴ずつ加える

ほんのりした淡い桜色くらいに仕上げているよ。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装12)
ほんのりとした桜色くらいで調色完了

ピンク

ピンクは、ガイアノーツのコーラルピンクを塗装しています。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装2)

レッド

レッドは、フィニッシャーズのブライトレッドを塗装しています。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装3)

グレー

グレーは、GSIクレオスのジャーマングレーを塗装しています。

ジャーマングレーは半光沢の仕上がりになるよ。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装4)

ゴールド

ゴールドは、ガイアノーツのEx- ゴールドを塗装しています。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装5)

シルバー

シルバーは、ガイアノーツのブライトシルバーを塗装しています。

ブライトシルバーは、レールガン(クスィフィアス)の塗装のみに使用しているよ。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装6)
[quads id=1]

塗装した色の組み合わせをチェックする

全パーツの塗装が完了したので、軽く組み合わせて色の組み合わせをチェックしています。

ボディ部分は、胸部フレームのブラックをゴールドに塗り替えたので、色の相性を心配していましたが、違和感なくまとまっていると思います。

レッドやピンクは、フラット(ツヤ消し)のトップコートを塗装すると、色がなじみそうだね。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装7)
スカート・脚部

内部フレームのゴールドに上品なEx- ゴールドを使ったので、ほんのり桜色のホワイトやピンクとよくマッチしていると思います。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装8)

バックパックのピンクとグレーの組み合わせもイメージどおりだけど、ピンクにフラットのトップコートを塗装するとさらになじみそうだね。

全塗装ストライクルージュカラーで制作するHGパーフェクトストライクフリーダム(塗装9)
[quads id=2]

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

今回のふりかえり

今回の塗装のポイントは、キャラクターホワイトにコーラルピンクを少量調色し、ほんのりした淡い桜色に仕上げたところです。

ベースの色には明るすぎず、グレーなども感じないニュートラルなキャラクターホワイトを使っています。

調色したピンクにはボディカラーと同じコーラルピンクを使い、全体がまとまるようにしています。

ピンクの濃度はモチーフのイメージ画像や過去に制作したHG ストライクルージュを参考にしていますが、色が濃くなりすぎると全体的に重たい印象になってしまうので、少し淡すぎるかな、くらいに留めています。

調色作業のポイントは「少しずつ、慎重に」です。

ピンクを先に入れすぎてしまうとホワイトを追加してもなかなか色を戻せないので、数滴入れて色合いをチェックすることを繰り返し、必要に応じテスト塗装もしながら色を決めています。

もう一つ注意するところを挙げれば、「少し多めに作っておく」ことです。

途中で足りなくなって再度調色してもなかなか同じ色にはならないので、もったいない気もしますが、少し多めに色を作っています。

最後に塗装した色の組み合わせをチェックしていますが、今のところイメージどおりに仕上がっています。

ゴールドと他の色の相性を一番心配していましたが、明るく上品な感じにまとまっていると思います。

次回はマスキングで少しゴールドを追加してから、デカール、トップコートなどの仕上げ作業を進めていきます。

塗装レシピ

メモ
  • ガイアノーツ コーラルピンク
  • GSIクレオス ジャーマングレー
  • フィニッシャーズ ブライトレッド
  • GSIクレオス キャラクターホワイトにコーラルピンクを少量調色
  • ガイアノーツ Ex- ゴールド
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォホワイト
  • ガイアノーツ NAZCA ピンクサフ
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォ(グレー)
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • ガイアノーツ ブライトシルバー

塗料の比較のみに使用したものはこちらです。

  • GSIクレオス トランザムハイライトレッド
  • ガイアノーツ ライラックピンク
  • GSIクレオス MS06Sピンク Ver.アニメカラー
  • ガイアノーツ ニュートラルグレーⅣ
  • ガイアノーツ メカサフ・スーパーヘヴィ
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック

使用したツール

メモ
  • ゴッドハンド 片刃ニッパーST
  • ゴッドハンド アルティメットニッパー
  • スリーコインズ スライド式カトラリーケース
  • タミヤ フィニッシングペーパー、600・800番
  • ダイソー ウッドブロック・強力スポンジ両面テープ(幅15mm)
  • ダイソー スポンジやすり(細目)
  • ハセガワ モデリングスクライバー
  • スジボリ堂 BMCタガネ0.15mm

今回の制作で使用したキット

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回はHG ガンダムパーフェクトストライクフリーダムをストライクルージュカラーで作る仕上げ編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次