【ガンプラ全塗装】MG ガンダムF91を METAL BUILD ハリソン・マディン機カラーでリメイクする #1 仮組み編

当ページのリンクには広告が含まれています。
ハリソン・マディンF91のアイキャッチ

ご覧いただき、ありがとうございます。

今回から、メルカリで入手した中古品のMG ガンダムF91をMETAL BUILDハリソン・マディン機カラーでリメイクします。

初回は仮組み編となります。

この記事の内容
  • 制作のモチーフと、メルカリで入手したF91の状態などの紹介
  • 仮組みレビュー
  • モールドの彫り直し、エクストラフィニッシュ塗装落とし

モチーフは、メタリックのような深い光沢のあるネイビーがとてもキレイだから、できるだけ塗装で再現してみるよ。

エクストラフィニッシュ仕上げのパーツの塗装落としにチャレンジしようね。

目次

制作のモチーフとメルカリで入手したキット

制作のモチーフ

モチーフは、METAL BUILD ガンダムF91(ハリソン・マディン機)で、魂ネイション2017の限定商品ということで、現在は入手困難になっています。

ハリソン・マディン専用機は、MG、HGでも商品化されていますが、そのどちらとも異なる、メタリックのような光沢のあるネイビーの仕上がりになっています。

今回は、メルカリで入手したキットをベースに、できるだけ塗装で近づけていきたいと考えています。

メルカリで入手したキット

今回の制作に使用したキットは、MG 1/100 ガンダムF91 ver.2.0(通常カラー)で、価格は2,200円でした。

欠損品は多いですが、定価の約半額で、ライフルやヴェスバーなど、特徴的なパーツは揃っているので、リメイクの素材としては十分だと思っています。

入手したMG F91の状態
  • 製作状態 素組み、ランナーカット跡はデザインナイフ仕上げ、シール貼り付け済み
  • 素材の状態よい、カット跡に多少黄ばみ、ホコリあり、関節状態大変よい
  • 手首の差し替え、バズーカ、可変タイプと固定タイプの開口フェイスは欠損
ハリソン・マディンF91塗装前レビューのフロントビュー

仮組みレビュー

フロントビュー

全体にしなやかなフォルムになっていて、それまでのガンダムシリーズの角張ったデザインから変わり、その後のガンダムシリーズの機体につながるデザインになっているように思います。

色分けはシンプルですが、要所にイエローやグレーが配置されていて、メリハリを感じます。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューのフロントビュー

バストアップ

ホディ中央はスリットになっていて、内部のエクストラフィニッシュ(ゴールド)のパーツが見えるようになっています。

ツインアイとアンテナ上部はクリアパーツが使われているよ。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューのバストアップ

リアビュー

F91の特徴的な装備である背中の2本のヴェスバーは、取付角度の調整や内部パーツの展開ができるようになっています。

バックパック中央のゴールドもエクストラフィニッシュのパーツになっているよ。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューのリアビュー

サイドビュー

F91のもう一つの特徴であるビームシールドは、クリアパーツになっています。

肩の内側には、3本のフィンが隠れているよ。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューの左サイドビュー

脚のグレーのパーツの内側も、ゴールドのエクストラフィニッシュのパーツが見えるようになっています。

脚は、前世代のガンダムに比べると、しなやかなフォルムをしているね。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューの右サイドビュー

塗装に備えて分解する

説明書は付属していないので、バンダイのWEB取説ベージを参考に分解します。

頭部

イエローのアンテナは、左右独立した構造になっており、とても繊細なので慎重に分解しています。

フェイスオープン状態も再現できますが、今回使用する中古品ではパーツが欠損しているので、通常フェイスのみです。

バルカンは、イエローの別パーツで表現されているよ。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューの顔のアップ

ボディ

ボディ部分は、ブルー、ホワイト、グレー、イエローなど、複雑な形状になっています。

ボディは、中央のスリットのパーツを左右のパーツで挟み込むような構造になっていますが、説明書では少し分かりづらかったので慎重に分解しています。

付着している汚れやホコリは、後ほどキレイに洗浄するよ。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューのボディのアップ

腕の形状は左右で異なっていて、ビームシールドを取り付ける左腕は、右腕より大きいパーツになっています。

両肩の91のマーキングは、シールで表現されているよ。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューの腕のアップ

腰の前掛けの部分は、グレーのスリットやレッド、イエローなど細かい塗り分けになっています。

ウエストはかなり絞られたフォルムをしているね。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューの腰のアップ

脚の中央にグレーの縦ラインが入っているのが特徴的で、後部の3枚のフィンは展開することができます。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューの脚のアップ
ハリソン・マディンF91塗装前レビューのリアビュー

バックパック

ヴェスバーも複雑な形状で、細長いパーツが多く、組み立てや分解には注意が必要です。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューのリアビュー

ビームライフル

ビームライフルは、グレーのパーツに、ホワイトの部分を上から被せる形になっています。

ハリソン・マディンF91塗装前レビューのビームライフル

汚れやホコリが付着していたので、分解が完了したら、百均(ダイソー)の粉ふるいを使って洗浄しています。

ハリソン・マディンF91のパーツ洗浄

塗装前の加工をする

ゲート跡の処理

塗装作業のために、いったん分解してゲート跡をタミヤのフィニッシングペーパー、600・800番で消していきます。

ハリソン・マディンF91のゲート跡処理
ハリソン・マディンF91のゲート跡処理

過去記事でもご紹介したとおり、紙やすりは、画像のように百均(ダイソー)のウッドブロックに同じく百均(ダイソー)の強力スポンジ両面テープ(幅15mm)で貼り付けて使用しています。

ガンプラのゲート跡や合わせ目消しに使用する百均のツール

モールドの彫り直し

彫りが甘いラインモールドは、スジボリ堂のBMCタガネ2.0mmなどで彫り直しています。

明るいネイビーに塗装する予定のハリソン・マディンF91のパーツ
明るいネイビーに塗装する予定のハリソン・マディンF91のパーツ

マスキングで塗り分ける予定の部分は、ハセガワのモデリングスクライバー(けがき針)スジボリ堂のBMCタガネ2.0mmでラインを明確にしています。

ハリソン・マディンF91のラインモールド彫り直し
モデリングスクライバー
ハリソン・マディンF91のラインモールド彫り直し
BMCタガネ

モールドの追加

シールを貼っている状態だとあまり感じなかったのですが、剥がすと肩の前後のパーツがあっさりし過ぎている感じがしたので、簡単にラインモールドを追加しています。

ハリソン・マディンF91のスジボリ追加

ハイキューパーツのスジボリ用ガイドテープ(6mm)スジボリ堂のエッチングガイドを使用してラインを彫っています。

ハリソン・マディンF91のスジボリ追加
スジボリ用ガイドテープ
ハリソン・マディンF91のスジボリ追加
エッチングガイド

最後に、ゴッドハンドの目立てヤスリ(右手向き)でラインを整えています。

ハリソン・マディンF91のスジボリ追加
ハセガワ(Hasegawa)
¥1,568 (2024/05/29 06:11時点 | Amazon調べ)

エクストラフィニッシュのパーツ

エクストラフィニッシュのパーツは、シルバーに塗り替えたいので、GSIクレオスのMr.カラーうすめ液に浸けて色を剥がします。

パーツの色の上にゴールドが塗装されているから、うすめ液に浸けると剥がれるんだね。

ツールウォッシュ用の溶剤を使うとパーツが溶けてしまうので、注意しようね。

エクストラフィニッシュを落とす前のハリソン・マディンF91のパーツ
エクストラフィニッシュを落とす作業中のハリソン・マディンF91のパーツ
GSI クレオス(GSI Creos)
¥484 (2024/05/25 06:42時点 | Amazon調べ)

うすめ液に浸けて2、3分でキレイに色が落ち、オレンジイエローのパーツになりました。

エクストラフィニッシュを落としたハリソン・マディンF91のパーツ
エクストラフィニッシュを落としたハリソン・マディンF91のパーツ

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

今回のふりかえり

入手したF91は、欠損パーツは多いものの、洗浄してホコリを落としたら、状態は非常によいものでした。

お得な価格で、F91を入手できたので、色を塗り替えて作りたいと思い、以前からカッコいいなあと思いながらも入手できなかったMETAL BUILDのF91にしようと思いました。

最近のガンダムシリーズのように、バックパックの大きなウイングなどの派手さはありませんが、しなやかな手足やシェイプされたボディなど、スタイルがとても好みです。

ちょっと意外だったのは、肩のパーツで、シールを剥がすとモールドのない、白い部分があっさりし過ぎている感じがしたので、モールドを追加して、塗装の際はラインに沿って色を塗り分けようと思います。

紛失した脚のパーツは、他サイト様で紹介されている百均のおゆまる(粘土)とレジンを使って複製しようとも思いましたが、ちょうど他のキットで破損したパーツがあったので、一緒に注文しました。

不足しているパーツだけをネットで注文できる仕組みで、とてもありがたいのですが、キットによっては在庫がないものもあり、再生産のタイミングなどを待つ必要があることは注意が必要です。

メッキパーツと異なり、エクストラフィニッシュのパーツは、溶剤に浸けるだけで色が落ちたので、助かりました。

メッキパーツの色落としもいずれ挑戦しようと思います。

次回は、ネイビーやイエローなど、塗装する色をいくつか比較してから、下地塗装などの作業を進めていきます。

使用したツール

メモ
  • タミヤ フィニッシングペーパー800番
  • スジボリ堂 BMCタガネ2.0mm
  • ハセガワ モデリングスクライバー(けがき針)
  • スジボリ堂 BMCタガネ2.0mm
  • ハイキューパーツ スジボリ用ガイドテープ(6mm)
  • スジボリ堂 エッチングガイド
  • ゴッドハンド 目立てヤスリ(右手向き)
  • GSIクレオス Mr.カラーうすめ液

今回の制作で使用したキット

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回はMG ガンダムF91をMETAL BUILDハリソン・マディン機カラーでリメイクする」塗装準備編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次