【ガンプラ全塗装】MG モビルジンをミゲル・アイマン専用機カラーで作る #2 塗装編

当ページのリンクには広告が含まれています。
全塗装・MGミゲル・アイマン専用モビルジンのアイキャッチ2

当ページのリンクには、広告が含まれています。

ご覧いただき、ありがとうございます。

前回に続き、MG モビルジンをミゲル・アイマン専用機カラーで制作していきます。

今回は塗装となります。

今回の主な内容

  • iPadアプリを使用した塗装イメージ(塗り分けの下絵)の作成
  • エアブラシ塗装(使用した塗料、マスキングの塗り分け)
あかべこ

今回はiPadのアプリで塗装イメージを作成し、塗り分ける部分を明確にしてから、塗装に入っていくよ。

ぶたまる

キットの成形色と全く異なる塗装で仕上げるから、塗装イメージを作っておくと失敗が少ないね。

[quads id=1]
目次

制作のモチーフと使用するキット

制作のモチーフ

制作のモチーフは、機動戦士ガンダムSEEDに登場したミゲル・アイマン専用機のモビルジンで、HGで2004年5月に商品化されていますが、現在は、入手しづらくなっています。

[st-card-ex html_class=”wp-block-st-blocks-st-card-ex” url=”https://bandai-hobby.net/item/430/” target=”_blank” rel=”nofollow” thumb=”” label=”” name=”” bgcolor=”” color=”” readmore=””]

今回は、このHGキットの色分けをベースに、マスキングで塗り分けを追加するなど、自分なりの工夫を加えて制作していきたいと思います。

使用するキット

制作に使用するキットは、MG 1/100 モビルジンです。

2021年4月発売と比較的新しいキットですが、他の最近発売されたものよりは、店頭で見かける機会が多いと思います。

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥7,100 (2024/05/22 18:37時点 | Amazon調べ)

iPadのアプリで塗装イメージを作る(SengaChanとibisPaintX)

今回の制作では、HGで発売されているミゲル・アイマン専用機のモビルジンを参考にしましたが、HGと同じ塗り分けにするよりも、色を追加して仕上げたいと思い、塗装前に簡単な塗装イメージを作成しています。

あかべこ

塗り分けのポイントは、イエローやホワイトの一部を、濃淡のイエローで塗り分けるところだよ。

ぶたまる

ウイングや脚の部分は、マスキングで塗り分けるよ。

塗装イメージは、SengaChan(iOS版のみ)とibisPaintXというアプリを使用して作成しています(どちらも無料でインストール可能)。

ご紹介するアプリは、自己責任でインストール、ご使用ください。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。

塗装イメージの作成手順は、下記の記事に詳しく掲載しています。

あわせて読みたい
iPadのアプリ(SengaChan・ibisPaintX)を使用してガンプラの塗装イメージ(下絵)を作る ご覧いただき、ありがとうございます。 今回は、これまでの制作で何度かご紹介したiPadのアプリを使用してガンプラの塗装イメージ(下絵)を作る手順をご紹介します。 ...

SengaChan(線画を抽出する)

  • SengaChanで画像から線画を抽出し、画像を保存する
  • モードとシャープネス、しきい値を設定する(モードを「分割」、シャープネスを「中」か「高」、しきい値を「低」に設定)
  • 線画を保存し、SengaChanを終了する
全塗装MGモビルジンの塗装イメージ1
SengaChanで抽出した線画

ibisPaintX(線画を加工する)

  • 先ほど保存した線画をibisPaintXで開く
  • 黒側と白側の色を調整して線画の輪郭線をできるだけ明確にする
  • 保存ボタンを押していったん画像を保存する
  • 保存した画像の途切れている輪郭線をブラシでつなぐ(この作業が不十分だと隣の部分まで同じ色に塗りつぶされる)
全塗装MGモビルジンの塗装イメージ2
ibisPaintXで輪郭線を追加した線画

ibisPaintX(線画に色を入れる)

  • 作業レイヤーを追加し、輪郭線のレイヤー1、塗りつぶしに使うレイヤー2を追加する
  • 塗りつぶしを使って、レイヤー2の輪郭線の内側を塗りつぶす
  • 塗りつぶしが完了したら、レイヤー1とレイヤー2を入れ替え、輪郭線が前面になるようにする
  • PNG保存を選び、ibisPaintXを終了する
全塗装MGモビルジンの塗装イメージ3
塗り分けが完了した塗装イメージ
[quads id=2]

塗装する色の組み合わせ

前回の#1仮組み・塗装準備編で決めたMG モビルジンのミゲル・アイマン専用機風カラーの塗装に使用する色は、次のとおりです。

メモ

  • イエロー1 ガイアノーツ エヴァンゲリオンカラー・エヴァプロトイエロー
  • イエロー2 ガイアノーツ 橙黄色
  • ホワイト ガイアノーツ ニュートラルグレーI
  • レッド ガイアノーツ ブライトレッド
  • グリーン GSIクレオス ルマングリーン
  • ブラック ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラックとメカサフ・スーパーヘヴィを1:1で調色した色
  • グレー ガイアノーツ ガイアノーツ フレームメタリック1
あわせて読みたい
【ガンプラ全塗装】MG モビルジンをミゲル・アイマン専用機カラーで作る #1 仮組み・塗装準備編 当ページのリンクには、広告が含まれています。 ご覧いただき、ありがとうございます。 今回から3回に分けて、MGモビルジンをミゲル・アイマン専用機カラーで制作してい...

エアブラシで塗装する

エアブラシ塗装に使用するツール

エアブラシのハンドピースは、GSIクレオスのプロコンBOY・ダブルアクションエアブラシ・0.3mmを使用しています。

エアブラシの塗装では、塗料と溶剤の比率を1:1.5程度にしていることが多いので、ガンプラの制作では、ほぼこのハンドピースだけで塗装をしています。

コンプレッサーの圧力を調整することで、メタリックカラーやサーフェイサーの塗装も問題なく対応可能です。

コンプレッサーは、タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーを使用しています。

タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーは、出力が高いので、サーフェイサーや粒子の粗いメタリックカラーなどを均一に塗装できます。

また、夏季の湿度の高い時期など、こまめに水抜きをする必要があるので、水抜きが簡単にできるのも助かります。

ハンドピース、コンプレッサー以外の塗装環境は、下記の記事に詳しく掲載しています。

あわせて読みたい
【Akabako Factory】ガンプラなどの塗装に使用しているエアブラシ・コンプレッサー・塗装ブース ご覧いただき、ありがとうございます。 今回は、ガンプラなどの塗装に使用しているエアブラシ・コンプレッサー・塗装ブースを掲載しています。 【ご注意いただきたいこ...

サーフェイサー

サーフェイサーは、イエローのパーツがガイアノーツのサーフェイサー・エヴォレモンイエロー、ホワイトとグリーンのパーツがガイアノーツのサーフェイサー・エヴォホワイト、レッドのパーツは、NAZCAピンクサフを使用しています。

あわせて読みたい
【Akabeko Factory】ガンプラなどの制作に使用しているサーフェイサー・トップコート ご覧いただき、ありがとうございます。 今回は、塗装の下地として使用しているサーフェイサーと仕上げに使用しているトップコートをまとめています。 サーフェイサーと...

イエロー(ベースカラー)

ベースカラーの薄いイエローは、ガイアノーツのエヴァンゲリオンカラー・エヴァプロトイエローを塗装しています。

あかべこ

エヴァプロトイエローは、グレーを感じる少しグレーを感じる色になっているよ。

全塗装で制作するMGミゲル・アイマン専用モビルジンのパーツ(エヴァプロトイエロー)

イエロー(濃いめの色)

サブカラーの濃いめのイエローは、ガイアノーツの橙黄色を塗装しています。

ぶたまる

さらにオレンジが強いビビッドオレンジなどよりも、落ち着いた組み合わせになる橙黄色を選んでいるよ。

全塗装で制作するMGミゲル・アイマン専用モビルジンのパーツ(橙黄色)

ホワイト

ホワイトは、ガイアノーツのニュートラルグレーIを塗装しています。

あかべこ

他の明るいホワイトと比べると、少し黄色みのあるグレーが入っている色という印象だよ。

全塗装で制作するMGミゲル・アイマン専用モビルジンのパーツ(ニュートラルグレーⅠ)

レッド

ボディ各所のアクセントになっているレッドは、ガイアノーツのブライトレッドを塗装しています。

全塗装で制作するMGミゲル・アイマン専用モビルジンのパーツ(ブライトレッド)

グリーン

バックパック(ウイング)の一部は、GSIクレオスのルマングリーンで塗装します。

ぶたまる

イエローやホワイトとあわせて、穏やかな色合いのルマングリーンを選んでいるよ。

全塗装で制作するMGミゲル・アイマン専用モビルジンのパーツ(ルマングリーン)

グレー

グレーは、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォブラックとメカサフ・スーパーヘヴィを1:1で調色したものを塗装しています。

あかべこ

キットの成形色ではプラックで表現されていた部分は、イエローと組み合わせると、ブラックが強過ぎると感じたので、調色したグレーで塗装しているよ。

全塗装で制作するMGミゲル・アイマン専用モビルジンのパーツ(サーフェイサー・エヴォブラックとメカサフ・スーパーヘヴィを1:1で調色した色)

ガンメタ

内部フレームのパーツは、ガイアノーツのフレームメタリック1を塗装しています。

ぶたまる

フレームメタリック1は1500番までのやすり(タミヤフィニッシングペーパー)で表面を整えてから、そのままパーツに塗装しているよ。

全塗装で制作するMGミゲル・アイマン専用モビルジンのパーツ(フレームメタリック1)
[quads id=1]

マスキングで塗り分ける

塗装が完了したら、マスキングでエヴァプロトイエローと橙黄色に塗り分けています。

全塗装で制作するMGミゲル・アイマン専用モビルジンのパーツ(マスキング1)
全塗装で制作するMGミゲル・アイマン専用モビルジンのパーツ(マスキング2)

全パーツの塗装とマスキングが完了しました。

全塗装で制作するMGミゲル・アイマン専用モビルジンのパーツ(塗装完了)

MG モビルジン(ミゲル・アイマン専用機カラー)は、2022年に制作した作品の中で第3位に選んでいます。

あわせて読みたい
【Akabeko Factory】2022年に制作したガンプラなどのふりかえり ご覧いただき、ありがとうございます。2022年最後の記事になります。 今回は、2022年に掲載した全24個の作品を振り返り、その中から、運営者が思い入れの深いものを10個...

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

今回のふりかえり

今回の制作では、ボディカラーを2色で塗り分けたかったので、SengaChan(ios版のみ)とibisPaintXを使用して塗装イメージを作成しています。

このアプリを使用するのは初めてでしたが、塗り分ける部分やマスキングが必要な部分を具体的に把握することができました。

色を決める塗りつぶしの前の線画抽出と加工に手間がかかりますが、今後もカスタムカラーで制作するときは、塗装イメージを作成したいと思います。

塗装は、前回決めた色の組み合わせと、作成した塗装イメージに沿って順調に作業が進みました。

エヴァプロトイエローは、想定していた少しグレーの入ったイエローに仕上がったので、使用してよかったと思います。

その他のホワイトやグリーンなども比較的落ち着いた色なので、自然にまとまっています。

現時点では、よくまとまっていると思うので、次回はデカールやメタルパーツで仕上げた後、完成レビューをお届けします。

塗装レシピ

メモ

  • ガイアノーツ エヴァンゲリオンカラー・エヴァプロトイエロー
  • ガイアノーツ 橙黄色
  • ガイアノーツ サーフェイサー エヴォレモンイエロー
  • ガイアノーツ サーフェイサー エヴォホワイト
  • ガイアノーツ サーフェイサー NAZCAピンクサフ
  • ガイアノーツ ニュートラルグレーI
  • ガイアノーツ ブライトレッド
  • GSIクレオス ルマングリーン
  • サーフェイサー・エヴォブラック メカサフ・スーパーヘヴィを1:1で調色したグレー
  • ガイアノーツ フレームメタリック1
  • タミヤ スミ入れ塗料ダークグレイ
  • タミヤ スミ入れ塗料ブラック

塗料の比較のみに使用したものはこちらです。

  • ガイアノーツ サンシャインイエロー
  • ガイアノーツ オレンジイエロー
  • ガイアノーツ ビビッドオレンジ

使用したツール

メモ

  • タミヤ 薄刃ニッパー(ゲートカット用)
  • タミヤ フィニッシングペーパー800番
  • ダイソー ウッドブロック
  • ダイソー 強力スポンジ両面テープ(幅15mm)
  • タミヤ 精密ピンバイス
  • ゴッドハンド ドリルビット5本組A
  • ゴッドハンド スピンブレード
  • ハセガワ モデリングスクライバー(けがき針)
  • スジボリ堂 BMCタガネ0.2mm
  • タミヤ フィニッシングペーパー(1500番)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回は、「MG モビルジンをミゲル・アイマン専用機カラーで作る」仕上げ・完成の記事を投稿するを投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次