【ガンプラ全塗装】RG ゴッドガンダムをカスタムカラー(グロスブラック・クリアーレッド)で作る #1 仮組み編

当ページのリンクには広告が含まれています。
グロスブラックとクリアーレッドのカスタムカラーで制作したRGゴッドガンダム記事のアイキャッチ1

ご覧いただき、ありがとうございます。

今回から、RG ゴッドガンダムをカスタムカラー(グロスブラック・クリアーレッド)で制作していきます。

今回は仮組み編となります。

この記事の内容
  • 制作のモチーフ(RG サザビー・カスタムカラー)と使用するキット
  • 仮組み
  • 仮組みレビュー

トリコロールカラーのゴッドガンダムのイメージを大きく変えて、ブラックとレッドをベースにした色で制作していくつもりだよ。

精密で細かなパーツが多いから、紛失や破損に気をつけて慎重に組み立てを進めようね。

目次

制作のモチーフと使用するキット

制作のモチーフ

制作のモチーフは、昨年3月に制作したRG サザビー・カスタムカラー(GXメタルレッド)です。

使用した塗料のリスト
  • ブラック(ベースカラー) ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • ブラック(サブカラー) ガイアノーツ ボトムズカラー・スレートブラック
  • レッド GSIクレオス GXメタルレッド
  • ゴールド Ex- ゴールド
  • グレー ガイアノーツ フレームメタリック1

RG サザビーは、漆黒のサーフェイサー・エヴォブラックをベースに、穏やかな色合いのGXメタルレッドとEx- ゴールドを組み合わせ、フラット(ツヤ消し)仕上げで制作しました。

全塗装・カスタムカラーで制作したRGサザビーの完成レビュー

今回はRG サザビーの配色を参考に、ブラックとレッド系のクリアカラーを使って、グロス(ツヤあり)仕上げで制作したいと思います。

使用するキット

使用するキットは、2022年8月13日に発売されたRG 1/144 ゴッドガンダムです。

ヒトの動きの再現が徹底追求されており、「腕組み」ポーズの再現ができるほど手脚や胴体の可動が広くなっています。

ゴッドガンダムの設定やアニメを詳しく知らないのですが、全体的に流線型の印象を受けるので、グロス仕上げでも違和感なく仕上がるかなと思っています。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組みレビュー1)
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥5,180 (2024/05/29 14:21時点 | Amazon調べ)

ツールと塗料のまとめ記事

RG ゴッドガンダム・カスタムカラー(グロスブラック・クリアーレッド)の制作で使用したツールと塗料は下記の記事にまとめています。

組み立てる(仮組み)

ランナーからの切り出しには、ゴッドハンドの片刃ニッパーSTを使用し、アルティメットニッパーでゲートを二度切りしています。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組み1)
ランナーカット直後

アルティメットニッパーは、ゲート跡を「押し潰す」のではなく、「スッと切る」感覚で、ゲート跡がほとんど目立たなくなります。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組み2)
ゲート跡二度切り後

頭部

頭部は細かく色分けやモールドが施されていて、彫りの深いマスクをしています。

サイドからみると、後方に伸びているヘルメット上部と曲線が組み合わされていて、なだらかな流線型の印象になっているよ。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組み3)
フロント
グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組み4)
サイド

ボディ

ボディはホワイトやグレーの部分が少なく、強めのブルー、レッド、イエローで構成されているので、鮮やかでインパクトのある印象を受けます。

トップからみるとホワイトのパーツが展開して、イエローのバルカンが見えるようになっているよ。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組み5)
フロント
グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組み6)
トップ

スカート

スカートは、フロント、リアともにブルーがベースになっているのが特徴的なポイントだと思います。

アクセントになっているブラックのラインを活かして、塗装でもアクセントを付けたいと思っているよ。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組み9)
フロント
グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組み10)
リア

腕部

両腕のクローの可動範囲はそれほど大きくありませんが、上下左右に展開可能になっています。

また、人形(ひとがた)のポーズを再現するためのハンドパーツが6種類付属しています。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組み7)

脚部

脚部は、つま先とかかとを除いてホワイトと明るいグレーで構成されているので、ボディや腕部に比べると大人しめの印象です。

明るいグレーやブラックのストライプの部分をうまく活用して、ブラックとクリアールージュのコントラストを出したいと思っているよ。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組み8)

バックパック

バックパックはのウィングは大きく展開することが可能です。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組み11)

仮組みレビュー

フロントビュー

頭部や脚部のなだらかな曲面とがっしりした両肩や両腕のクローが組み合わされていて、バランスの取れたフォルムをしています。

カラーリングはブルー、レッド、イエローがどれも明るい色だから、とても鮮やかに感じるよ。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組みレビュー1)

バストアップ

細かい色分けやスリットが入っているので、うまく活用してブラックとクリアーレッドのアクセントが出るように塗装したいと思います。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組みレビュー9)

サイドビュー

脚部がホワイトと明るいグレーで色分けされているので単調にならず、上半身と下半身のバランスが取れています。

大きめのウィングを装備しているけど、前後のバランスは安定しているよ。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組みレビュー2)

リアビュー

前方に比べると、後方は比較的シンプルな印象です。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組みレビュー3)

ウィングを展開するとかなり印象が変わって、ワイドな感じになるよ。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組みレビュー4)

トップビュー

細かな後頭部や両肩の色分けを活用して塗り分けていきたいと思います。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組みレビュー10)

日輪エフェクト

日輪エフェクトを装着するとややバランスが悪くなりますが、自立は可能です。

日輪エフェクトはボディの塗装にあった色で塗装するつもりだよ。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組みレビュー8)

腕組みポーズも可能で、完成した段階で腕や脚を大きく開いた特徴的なポーズを再現してみたいと思います。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組みレビュー7)

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

今回のふりかえり

今回は以前制作したRG サザビーを参考に、グロス仕上げのブラックとレッドを組み合わせて塗装する予定です。

レッドにはクリアカラーを下地のメタリックカラーの上に塗装して、キャンディ塗装のように仕上げるつもりです。

ブラックはベースの色の他にダークグレーまたはメタリックを使用して、少しメリハリを付けたいと思います。

昨年発売の新しいキットなので、組み立ては順調に進みましたが、小さいパーツが多く、かっちりハマるので塗装前の分解作業はかなり慎重に進める必要がありそうです。

ヒトの動きの再現が徹底追求された造りで、手脚や胴体の可動が広くなっているので、びっくりするようなポーズをすることができます。

グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組みレビュー11)
グロスブラックとクリアールージュのカスタムカラーで制作するRGゴッドガンダムのパーツ(仮組みレビュー12)

完成後もポージングを楽しみたいので、塗膜を傷めないよう関節などのクリアランス調整はていねいに作業しようと思います。

本文でも触れましたが、ゴッドガンダムの設定やアニメを詳しく知らないので、比較的自由に、自分のイメージを大切に制作していく予定です。

次回は塗装イメージの作成とGXクリアールージュの色合いチェックを中心に制作を進めていく予定です。

使用したツール

メモ
  • ゴッドハンド 片刃ニッパーST
  • ゴッドハンド アルティメットニッパー

今回の制作で使用したキット

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥5,180 (2024/05/29 14:21時点 | Amazon調べ)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回は「RG ゴッドガンダムをカスタムカラー(グロスブラック・クリアーレッド)で作る」塗装準備編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次