【ガンプラ全塗装】RG サザビーをカスタムカラー(GXメタルレッド)で作る #1 塗装準備編

当ページのリンクには広告が含まれています。
RGサザビー制作第1回記事のアイキャッチ

ご覧いただき、ありがとうございます。

今回から2回に分けてRG サザビーをカスタムカラー(GXメタルレッド)で制作します。

今回は塗装準備編です。

この記事の内容
  • 仮組みレビュー(仮組みの印象や、キットの色分け、可動部分のチェックなど)
  • ブラック、メタリックレッド、ゴールドの塗料比較
  • サーフェイサーの塗装

サザビーはとても好きなMSなので、ていねいに制作したいと思っているよ。

とても精密なキットで、パーツの数が多いし、小さいものもあるから注意しながら作業しようね。

目次

使用するキット

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥5,900 (2024/02/02 19:19時点 | Amazon調べ)

仮組みレビュー

組み立て途中の画像を撮影できなかったので、いろいろな角度から見た仮組みレビューからスタートします。

フロントビュー

ボディカラーのレッドは、3色(ニュートラルな色とピンクの入ったレッド、少し暗めのレッド)で構成されています。

全塗装・カスタムカラーで制作したRGサザビーの塗装前レビュー

バストアップ

肩やメガ粒子砲、動力パイプなどのイエローがよいアクセントになっています。

肩のパーツを展開することができ、内部のフレームが見えるようになっているよ。

全塗装・カスタムカラーで制作したRGサザビーの塗装前レビュー

リアビュー

後ろから見ると、大きなファンネルとプロペラントタンクがあるので、とても迫力があります。

プロペラントタンクの合わせ目は、タミヤの瞬間接着剤・イージーサンディングを使って、合わせ目消しをしています。

  • タミヤの瞬間接着剤・イージーサンディングをパーツの両面に塗る
  • 瞬間接着剤が少しあふれるようにして、パーツを組み合わせる
  • あふれ具合が不十分なところは、イージーサンディングを少量盛り付ける
  • 急いで仕上げたい時は、ガイアノーツのM-08 クイックハードスプレーなどを使用する
  • 合わせ目がきれいに消えたかの目印となるサーフェイサーを軽く塗装する
  • サーフェイサーが消えるまで600〜800番のヤスリ(今回はペンサンダーを使用)で削る
全塗装・カスタムカラーで制作したRGサザビーの塗装前レビュー

合わせ目消しの手順は、HG ゴッグを制作する記事で詳しく紹介しているよ。

トップビュー

背中のファンネルの部分も、別パーツで構成されていて、取り外して射出した状態を再現することができます。

全塗装・カスタムカラーで制作したRGサザビーの塗装前レビュー

脚部のアップ

ピンクの入ったレッドの部分は、外側に展開できるので、内側のバーニアが見える構造になっています。

全塗装・カスタムカラーで制作したRGサザビーの塗装前レビュー

塗装する色を比較する

今回の塗装で使用するブラック、メタリックレッド、ゴールドの塗料を比較してから、塗装作業に進んでいきます。

塗料の比較は、百均のクリアスプーンに、サーフェイサー、比較する色、トップコートの順に塗装した状態で行っています。

できるだけ実際の色に近くなるよう画像を調整していますが、使用するモニター等の環境により、本文の説明と異なっていたり、色の違いが分かりづらい場合があります。

また、それぞれの色の説明は、筆者が感じた印象となりますので、ご了承ください。

ブラック

ブラックは、次の4種類で比較しています(下地はサーフェイサー・エヴォブラック以外、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォ(グレー)を使用)。

比較に用意した色
  • ガイアノーツ ボトムズカラー・スレートブラック
  • GSIクレオス ジャーマングレー
  • ガイアノーツ ニュートラルグレーⅤ
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック

画像は、左からスレートブラック、ジャーマングレー、ニュートラルグレーⅤ、サーフェイサー・エヴォブラックの順です。

今回は、2色のブラックを使って、ボディカラーに濃淡をつけたいと思っています。

候補の4色の印象は次のとおりです。

  • スレートブラックは、ブラックよりもネイビーやパープルに寄った色
  • ジャーマングレーとニュートラルグレーⅤは、「ほんの少しジャーマングレーの方が濃いと感じるかな」というくらいの微妙な違い
  • サーフェイサー・エヴォブラックはピュアなブラック
全塗装RGサザビーで塗装するブラックの比較サンプル

メタリックレッド

メタリックレッドは、次の3種類で比較しています(下地はすべて、ガイアノーツのピュアブラックを使用)。

なお、塗料の比較はグロス(ツヤあり)で比較していますが、実際の塗装はフラット(ツヤなし)に仕上げる予定です(色合いの違いを確認しています)。

比較に用意した色
  • GSIクレオス GXメタルレッド
  • フィニッシャーズ メタリックレッド
  • タミヤ ピュアーメタリックレッド
  • ガイアノーツ プライマリーメタリックレッド

画像は、左からGXメタルレッド、メタリックレッド、ピュアーメタリックレッド、プライマリーメタリックレッドの順です。

候補の4色の印象は次のとおりです。

  • GSIクレオスのGXメタルレッドは、かなりピンク寄りのレッド
  • フィニッシャーズのメタリックレッドは、4色の中で一番ニュートラルなレッド
  • ピュアーメタリックレッド、ブラウンを感じる色
  • フィニッシャーズのメタリックレッドに比べると、プライマリーメタリックレッドは少しピンク寄りのレッド
全塗装RGサザビーで塗装するメタリックレッドの比較サンプル

今回比較したメタリックレッドのうち、プライマリーメタリックレッドを使用して、キュベレイMk-Ⅱ(プルツー専用機)をキャンディ塗装で制作しています。

ゴールド

ゴールドは、次の3種類で比較しています(下地はすべて、サーフェイサー・エヴォブラックを使用)

比較に用意した色
  • ガイアノーツ Ex- ゴールド
  • ガイアノーツ スターブライトゴールド
  • ガイアノーツ スターブライトブラス

画像は、左からEx-ゴールド、スターブライトゴールド、スターブライトブラスの順で、徐々にイエロー味が増しています。

候補の3色の印象は次のとおりです。

  • Ex- ゴールドはホワイトを感じるゴールド
  • スターブライトゴールドは、金箔のようなゴールドらしい色
  • スターブライトブラスは、ゴールドよりもメタリックイエローに寄った色
全塗装RGサザビーで塗装するゴールドの比較サンプル

塗装前に塗料比較を行った制作は、下記の記事にまとめています。

塗装する色を決める

塗装する色

ブラック、メタリックレッド、ゴールドの塗料を比較した結果、今回のRG サザビーの塗装には、次の色を使用します。

使用した塗料のリスト
  • ブラック(ベースカラー) ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • ブラック(サブカラー) ガイアノーツ ボトムズカラー・スレートブラック
  • レッド GSIクレオス GXメタルレッド
  • ゴールド Ex- ゴールド
  • グレー ガイアノーツ フレームメタリック1

色の組み合わせ

今回の塗装は、漆黒のサーフェイサー・エヴォブラックをベースに、少し明るく色合いの異なるスレートブラックで濃淡をつけて、穏やかな色合いのメGXメタルレッドとEx- ゴールドを組み合わせます。

内部フレームは、グロス(ツヤあり)のフレームメタリック1を使用して、フラット(ツヤ消し)のボディカラーとメリハリを付ける予定です。

全塗装HG ストライクルージュで塗装するサーフェイサー・エヴォブラック、スレートブラック、GXメタルレッド、Ex- ゴールド、フレームメタリック1の組み合わせ

サーフェイサーを塗装する

サーフェイサーは、ガイアノーツのサーフェイサーを使用し、エアブラシで塗装しています。

スレートブラック以外で塗装する部分は、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォブラックを塗装します。

サーフェイサー・エヴォブラックは、パーツへの食いつきが良く、傷もきれいに埋めてくれて、しっとりとした仕上がりになるので、そのままボディカラーとして使用します。

スレートブラックの下地は、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォ(グレー)を使っています。

全塗装・カスタムカラーで制作したRGサザビーのフラットブラック塗装

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用したツール)

制作のふりかえり

冒頭でも触れましたが、サザビーは、プロフィールページにも記載した好きな機体の一つです。

好きな機体の精密なRGキットということで、楽しんで組み立てましたが、精密なぶん作りごたえがありました。

肩のアーマーや、シールドの取り付け部分など、ちょっとデリケートだなと思うところもありましたが、どっしりとしてボリューム感もあり、とてもカッコいいと思います。

今回はブラックをベースにしたカスタムカラーで制作していきますが、細かく色分けされているので、基本的にパーツごとの色分けに沿って、塗装していく予定です。

細かく色分けされているので、塗装前の加工作業は、プロペラントタンクの合わせ目消しだけで済んでいます。

今回の塗装は、ブラックをメインカラーに、メタリックレッドとゴールドをサブカラーに使用して、アクセントをつけるようにしています。

ベースの色を漆黒のサーフェイサー・エヴォブラック、サブカラーをスレートブラックにすることは、自分がイメージしていた通りの組み合わせで、素直に決めることができました。

メタリックレッドとゴールドは、どの色も個性があって、どの組み合わせでもカッコよく仕上がると思ったので、色の選択に悩みました。

今回は、フラット(ツヤなし)で仕上げるので、穏やかな組み合わせのメタリックカラーのGXメタルレッドとEx- ゴールドを選んでいます。

次回は、今回決めた色分けに沿って塗装を進め、デカールなどで仕上げた後、完成レビューをお届けします。

塗装レシピ

メモ
  • ガイアノーツサーフェイサー・エヴォ(グレー)
  • ガイアノーツ ボトムズカラー・スレートブラック
  • GSIクレオス ジャーマングレー(比較のみ)
  • ガイアノーツ ニュートラルグレーⅤ(比較のみ)
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • GSIクレオス GXメタルレッド
  • フィニッシャーズ メタリックレッド(比較のみ)
  • タミヤ ピュアーメタリックレッド(比較のみ)
  • ガイアノーツ プライマリーメタリックレッド(比較のみ)
  • ガイアノーツ Ex- ゴールド
  • ガイアノーツ スターブライトゴールド(比較のみ)
  • ガイアノーツ スターブライトブラス(比較のみ)

使用したツール

メモ
  • タミヤ 瞬間接着剤 イージーサンディング
  • タミヤ フィニッシングペーパー600、800番

今回の制作で使用したキット

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥5,900 (2024/02/02 19:19時点 | Amazon調べ)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回は「RG サザビーをカスタムカラー(GXメタルレッド)で作る」塗装・完成編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次