HG イモータルジャスティスガンダムをリアルタイプカラーで作る #2 塗装準備編

当ページのリンクには広告が含まれています。
全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(アイキャッチ2)

ご覧いただき、ありがとうございます。

引き続き、HG イモータルジャスティスガンダムをリアルタイプカラーで制作します。

今回は塗装準備編となります。

この記事の内容
  • iPadのアプリを塗装イメージの作成(リアルタイプカラーの塗り分け決め)
  • ラインモールドの彫り直し、クリアランス加工などの塗装前準備
  • ライトブルーとブルーの塗料比較(塗装する塗料決め)

今回も塗装イメージでジャスティス・リアルタイプカラーの塗り分けをイモータルジャスティスに落とし込んでみるよ。

ライトブルーとブルーが全体の印象を決める大切なポイントだから、塗料比較でいい組み合わせを見つけたいね。

目次

制作のモチーフと使用するキット

制作のモチーフ

制作のモチーフは、METAL ROBOT魂のジャスティスガンダム(リアルタイプカラー)です。

使用するキット

使用するキットは、2024年1月26日に発売されたばかりのHG イモータルジャスティスガンダムです。

映画「機動戦士ガンダムSEED FREEDOM」に登場するシン・アスカの搭乗機です。

HG ライジングフリーダムと同様、新しい可動構造(SEEDアクションシステム)の採用で、劇中のようなダイナミックなポージングが可能になっているとのことです。

全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(説明書・仮組みレビュー5)

関連記事

使用したツールと塗料のまとめ記事

「【ガンプラ全塗装・SEED FREEDOM】HG イモータルジャスティスガンダムをリアルタイプカラーで作る」記事で使用したツールと塗料をまとめています。

HG ライジングフリーダムガンダム制作記事(塗装準備編)

同時並行で制作したHG ライジングフリーダムガンダムの塗装準備編記事です。

iPadのアプリで塗装イメージを作る(SengaChanとibisPaintX)

塗装イメージは、SengaChan(iOS版のみ)とibisPaintXというアプリを使用して作成しています(どちらも無料でインストール可能)。

ご紹介するアプリは、自己責任でインストール、ご使用ください。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。

全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(説明書・仮組みレビュー1)
塗装イメージの作成に使用する仮組み画像

塗装イメージの作成手順は、下記の記事に詳しく掲載しています。

SengaChan(線画を抽出する)

  • SengaChanで画像から線画を抽出し、画像を保存する
  • モードとシャープネス、しきい値を設定する(モードを「分割」、シャープネスを「中」か「高」、しきい値を「低」に設定)
  • 線画を保存し、SengaChanを終了する
全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装イメージ1)
SengaChanで抽出した線画

ibisPaintX(線画を加工する)

  • 先ほど保存した線画をibisPaintXで開く
  • 黒側と白側の色を調整して線画の輪郭線をできるだけ明確にする
  • 保存ボタンを押していったん画像を保存する
  • 保存した画像の途切れている輪郭線をブラシでつなぐ(この作業が不十分だと隣の部分まで同じ色に塗りつぶされる)
全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装イメージ2)
ibisPaintXで輪郭線を追加した線画

ibisPaintX(線画に色を入れる)

  • 作業レイヤーを追加し、輪郭線のレイヤー1、塗りつぶしに使うレイヤー2を追加する
  • 塗りつぶしを使って、レイヤー2の輪郭線の内側を塗りつぶす
  • 塗りつぶしが完了したら、レイヤー1とレイヤー2を入れ替え、輪郭線が前面になるようにする
  • PNG保存を選び、ibisPaintXを終了する
全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装イメージ3)
塗り分けが完了した塗装イメージ

塗装イメージの作成で塗り分けのポイントにしたところは次のとおりです。

ボディカラーは、モチーフを参考にライトブルーを多めにし、ブルーは全体のバランスがよくなるように配置しています。

モチーフでは頭部のアンテナ、シールド、バックパックのウイングに使われていたイエローは、頭部のアンテナとウイングの他、ボディのアクセントになる部分に使っています。

塗装前の準備をする

分解する

加工や塗装の準備のため、いったん分解し、塗装イメージで決めた色分けに沿って仕分けしています(画像の枠の色が仕分けの色)。

仕分けと保管には、百均(ダイソー)の整理トレー(大)を使っているよ。

全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装準備4)
ダイソーの整理トレーで分解・仕分けしたパーツ

ゲート跡を消す

ゲート跡をプロクソンのペンサンダーや、タミヤのフィニッシングペーパー、600・800番で消していきます。

全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装準備4)
ゲート処理前
全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装準備5)
ゲート処理後

過去記事でもご紹介したとおり、紙やすりは、画像のように百均(ダイソー)のウッドブロックに同じく百均(ダイソー)の強力スポンジ両面テープ(幅15mm)で貼り付けて使用しています。

プレミアムバンダイ限定のシャア専用ペンサンダー
ガンプラのゲート跡や合わせ目消しに使用する百均のツール

ペンサンダーがあると、ゲート跡・ヒケ消しなどの処理、合わせ目消しなどがスムーズに進みます。

プロクソン(PROXXON)
¥6,787 (2024/06/12 02:14時点 | Amazon調べ)

組み立てや塗装前加工に使用している百均ツールは、下記の記事も参考にしてね。

ラインモールドを彫り直す

ラインモールドは、マスキングする部分やスミ入れしたい部分を中心に、ハセガワのモデリングスクライバー(けがき針)スジボリ堂のBMCタガネ0.15mmを使用して彫り直しています。

全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装準備3)
ハセガワ(Hasegawa)
¥1,540 (2024/06/12 12:06時点 | Amazon調べ)

アンテナをシャープにする

頭部のアンテナは、先端がシャープになるようカッターや紙やすりで整えています。

全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装準備4)

クリアランスを調整する

HG イモータルジャスティスは、関節がしっかり目だったので、腕や脚のパーツは表面を軽くヤスリがけして、クリアランスを調整しています。

全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装準備1)
腕のパーツ
全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装準備2)
脚のパーツ

ガンプラなどの仮組み・加工の工程でよく使用しているツールは、下記の記事にまとめています。

塗料を比較する

塗料の比較は、百均のクリアスプーンに、サーフェイサー、比較する色の順に塗装した状態で行っています。

できるだけ実際の色に近くなるよう画像を調整していますが、使用するモニター等の環境により、本文の説明と異なっていたり、色の違いが分かりづらい場合があります。

また、それぞれの色の説明は、筆者が感じた印象となりますので、ご了承ください。

用意した塗料(ライトブルー)

ライトブルーの塗料は、5色を用意しています。

比較に用意した塗料
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォスカイブルー
  • GSIクレオス RX-78 ブルー Ver.アニメカラー
  • GSIクレオス スカイブルー
  • GSIクレオス MSライトブルー
  • ガイアノーツ バーチャロンカラー アイスコバルトブルー

サーフェイサー・エヴォスカイブルー、RX-78 ブルー Ver.アニメカラー、スカイブルーは水色系の色を明るい順に並べているよ。

MSライトブルーとアイスコバルトブルーは、少し落ち着いた色合いになっているよ。

全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装比較2)
スカイブルーの塗料サンプル

スカイブルーとブルーの塗料は、MG Zガンダム Ver.Kaを制作したときにも比較しています。

用意した塗料(ブルー)

ブルーの塗料は、4色を用意しています。

比較に用意した塗料
  • GSIクレオス コバルトブルー
  • GSIクレオス インディブルー
  • GSIクレオス キャラクターブルー
  • フィニッシャーズ ピュアブルー

塗料サンプルは、左から明るい順に並べています。

キャラクターブルーとピュアブルーは深みのある色合いで、ライトブルーとのコントラストが出やすい気がするよ。

全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装比較3)

ライトブルーとブルーの組み合わせをスカイブルーとキャラクターブルーアイスコバルトブルーとピュアブルーの2種類に絞り、最終比較をしています。

スカイブルー・キャラクターブルーはニュートラルな組み合わせ、アイスコバルトブルーとピュアブルーは、少し落ち着いた組み合わせになっているよ。

全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装比較1)

塗装する色を決める

塗装する色

ライトブルー、ブルーの塗料を比較した結果、今回のHG イモータルジャスティス・リアルタイプカラーの塗装には、次の色を使用します。

使用した塗料のリスト
  • GSIクレオス スカイブルー
  • GSIクレオス キャラクターブルー
  • ガイアノーツ ボトムズカラー オレンジイエロー
  • ガイアノーツ アルティメットホワイト
  • ガイアノーツ メカサフ・ライト

色の組み合わせ

ブルーとライトブルーはコントラストがよくニュートラルな、スカイブルーとキャラクターブルーの組み合わせをベースに、アクセントには少しオレンジ寄りのオレンジイエローを合わせます。

ホワイトは、スカイブルーやキャラクターブルーとフレッシュなコントラストを出したいので、明るいアルティメットホワイトを使います。

関節などのグレーは、MG Zガンダム Ver.Kaを制作したときにホワイトやライトブルーと相性がよかった、明るめのメカサフ・ライトを選んでいます。

全塗装リアルタイプカラーで制作するHGイモータルジャスティス(塗装する色の組み合わせ)
塗装する色の組み合わせ

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

今回のふりかえり

モチーフのジャスティスガンダム(リアルタイプカラー)の色分けをイモータルジャスティスに落とし込むために、今回も塗装イメージを作成しています。

色分けは、基本的にパーツ単位で塗装できるようにするとともに、ブルーやホワイト、イエローのバランスがよくなるように配置しています。

特にボディの部分はジャスティスとイモータルジャスティスで造形やパーツの構成が異なるので、色の配置を変えてもバランスが変わらないように注意しています。

塗装前の準備ではラインモールドの彫り直しとクリアランス加工がポイントです。

ラインモールドはボディなどの立体的に造形されている部分、バックパックやシールドなどの面が広く、単調になりやすい部分をメインに彫り直しています。

塗装する色はニュートラルな組み合わせ(スカイブルー・キャラクターブルー)と落ち着いた組み合わせ(アイスコバルトブルーとピュアブルー)で悩みましたが、今回はモチーフに忠実な色を選んでいます。

今回の行程で塗り分けと塗料を決めて、制作のイメージが固まったので、次回はサーフェイサー、本番の色の順に塗装を進めていきます。

塗装レシピ

メモ
  • GSIクレオス スカイブルー
  • GSIクレオス キャラクターブルー
  • ガイアノーツ ボトムズカラー オレンジイエロー
  • ガイアノーツ アルティメットホワイト
  • ガイアノーツ メカサフ・ライト

塗料の比較のみに使用したものはこちらです。

  • GSIクレオス RX-78 ブルー Ver.アニメカラー
  • GSIクレオス MSライトブルー
  • ガイアノーツ バーチャロンカラー アイスコバルトブルー
  • GSIクレオス コバルトブルー
  • GSIクレオス インディブルー
  • フィニッシャーズ ピュアブルー

エアブラシ塗装に使用するツール

エアブラシのハンドピースは、GSIクレオスのプロコンBOY・ダブルアクションエアブラシ・0.3mmを使用しています。

エアブラシの塗装では、塗料と溶剤の比率を1:1.5程度にしていることが多いので、ガンプラの制作では、ほぼこのハンドピースだけで塗装をしています。

コンプレッサーの圧力を調整することで、メタリックカラーやサーフェイサーの塗装も問題なく対応可能です。

コンプレッサーは、タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーを使用しています。

タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーは、出力が高いので、サーフェイサーや粒子の粗いメタリックカラーなどを均一に塗装できます。

また、夏季の湿度の高い時期など、こまめに水抜きをする必要があるので、水抜きが簡単にできるのも助かります。

ハンドピース、コンプレッサー以外の塗装環境は、下記の記事に詳しく掲載しています。

使用したツール

メモ
  • ゴッドハンド 片刃ニッパーST
  • ゴッドハンド アルティメットニッパー
  • タミヤ フィニッシングペーパー、600・800番
  • ダイソー ウッドブロック・強力スポンジ両面テープ(幅15mm)
  • ダイソー スポンジやすり(細目)
  • ハセガワ モデリングスクライバー
  • スジボリ堂 BMCタガネ0.15mm

今回の制作で使用したキット

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回は「HG ライジングフリーダムガンダムをCROSS CONTRAST COLORで作る 」塗装編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次