HG ティフォエウスガンダム・キメラをSDW HEROES武者頑駄無モチーフに作る #2 塗装編

当ページのリンクには広告が含まれています。
全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(アイキャッチ2)

ご覧いただき、ありがとうございます。

前回に続き、HG ティフォエウスガンダム・キメラをSDW HEROES武者頑駄無モチーフに制作していきます。

今回は塗装編となります。

この記事の内容
  • 円形モールドの彫り直しなど(メタルパーツ取り付けの準備)
  • サーフェイサーの塗装(ピンク、グレー、ブラック、メカサフ)
  • エアブラシ塗装(レッド、ブラック、ゴールド、メタリック)

今回のティフォエウスガンダム・キメラは、基本的にパーツの成形色に従って色を選び、塗装していくよ。

シンプルに塗装を進めるかわりに、装甲とフレームで仕上げや塗り分けを変えて、メリハリや質感の違いを出してみようね。

目次

制作のモチーフと使用するキット

制作のモチーフ

制作のモチーフは、ゴールド、レッド、ブラックを中心に綺羅びやかな色使いがされているSDW HEROES 78代目武者頑駄無です。

今回組み立てるティフォエウスガンダム・キメラもゴールド、レッド、ブラックが使われていて、大きな肩アーマーなどを装備しているので、何となく近い雰囲気を感じています。

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥2,000 (2024/07/06 17:52時点 | Amazon調べ)

使用するキット

使用するキットは、2023年12月に発売されたHG ティフォエウスガンダム・キメラです。

ガンダムビルドメタバースシリーズに登場するガンプラで、1/144スケールにもかかわらず、かなり大きなサイズになっています。

今回の制作では基本的にパーツの色分けどおりに塗装し、ドレスアップにデカールやシール、メタルパーツなどを使って、SDW HEROES武者頑駄無の雰囲気に近づけたいと思っています。

ランナーの数は合計21個あり、一つ一つのパーツが大きく、作りごたえのあるキットになっています。

使用したツールと塗料のまとめ記事

HG ティフォエウスガンダム・キメラの制作に使用したツールと塗料は、下記の記事にまとめています。

塗装前の準備

円形モールドを彫り直す

円形モールドは、ゴッドハンドのショートパワーピンバイス、ドリルビット5本組B、スピンブレードを使用して彫り直しています。

彫り直した円形モールドの大きさは、0.8mmにしているよ。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(モールド彫り直し1)

彫り直した円形モールドには、仕上げの段階でメタルパーツを取り付けるつもりだよ。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(モールド彫り直し2)
ゴッドハンドのショートパワーピンバイス、スピンブレード
ピンバイスとスピンブレード
ゴッドハンドのドリルビット5本組AとC
ドリルビット

アンテナをシャープにする

頭部の4本のアンテナは、兜の鍬形(くわがた)をイメージして、安全保護の部分をカットしてから、紙やすりで先端をシャープに整えています。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(アンテナシャープ化1)
加工前
全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(アンテナシャープ化2)
加工後

紙やすりは、画像のように百均(ダイソー)のウッドブロックに同じく百均(ダイソー)の強力スポンジ両面テープ(幅15mm)で貼り付けて使用しています。

ガンプラのゲート跡や合わせ目消しに使用する百均のツール
百均ツール

合わせ目を消す

合わせ目消しは、プロペラントタンクのみ、次の手順で行っています。

  • タミヤの瞬間接着剤・イージーサンディングをパーツの両面に塗る
  • 瞬間接着剤が少しあふれるようにして、パーツを組み合わせる
  • あふれ具合が不十分なところは、イージーサンディングを少量盛り付ける
  • 急いで仕上げたい時は、ガイアノーツのM-08 クイックハードスプレーなどを使用する
  • 合わせ目がきれいに消えたかの目印となるサーフェイサーを軽く塗装する
  • サーフェイサーが消えるまで600〜800番のヤスリ(今回はペンサンダーを使用)で削る

合わせ目がきれいに消えたかどうかをチェックする目印として、黒のマーカーを塗っているよ。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(合わせ目消し1)

塗装してみると、合わせ目はきれいに消えているよ。

サーフェイサーを塗装する

ピンク

レッドを塗装するパーツの下地は、色がきれいに発色するガイアノーツのNAZCA ピンクサフを塗装しています。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(ピンクサフ)

下の画像のように、同じ塗料を使っても、下地の色によって発色は異なっているよ。

HGシャア専用百式の下地ピンクの比較
レッドの色合い比較(下地ピンクサフ)
HGシャア専用百式の下地グレーの比較
レッドの色合い比較(下地グレーサフ)

グレー

ブラックを塗装するパーツの下地は、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォ(グレー)を塗装しています。

ブラックの下地には、塗り漏れをチェックしやすいグレーサフを使っているよ。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(グレーサフ2)
ティフォエウスガンダムのパーツ
全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(グレーサフ1)
キメラ形態のパーツ

ブラック

ゴールドとメタリックを塗装するパーツの下地は、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォブラックを塗装しています。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(ブラックサフ1)
ゴールドを塗装するパーツ
全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(ブラックサフ2)
メタリックを塗装するパーツ

メカサフ・スーパーヘヴィ

肩や腕の関節、バックパックなどのパーツは、ガイアノーツのメカサフ・スーパーヘヴィを塗装し、そのまま仕上げの色にします(フラット仕上げ)。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(メカサフ)

サーフェイサーは、ガイアノーツのサーフェイサーを使用しています。

エアブラシで塗装する

今回は、パーツの色分けや成型色に沿って塗装するので、塗装イメージは作成していません。

また、これまでの制作経験や手元にある塗料の在庫の中から制作イメージに近い色合いのものを選び、使用する塗料を決めています。

塗装する色の組み合わせ

今回の塗装は、朱色味のあるフィニッシャーズ・ブライトレッドと、ノーマルなブラックのガイアノーツ・Ex- ブラックを組み合わせます。

アクセントのゴールドには、黄色みの強いガイアノーツ・スターブライトゴールドを選んで、シャチホコのような仕上がりを目指します。

成形色がグレーのパーツは、フラット(ツヤ消し)仕上げのメカサフ・スーパーヘヴィをベースに、スラスター状のパーツなどをガイアノーツ・フレームメタリック1で塗り分けてメリハリを出したいと思います。

  • レッド フィニッシャーズ ブライトレッド
  • ブラック ガイアノーツ Ex- ブラック
  • ゴールド ガイアノーツ スターブライトゴールド
  • メタリック ガイアノーツ フレームメタリック1
  • グレー ガイアノーツ メカサフ・スーパーヘヴィ

レッド

レッドは、フィニッシャーズのブライトレッドを塗装しています。

しっかりしたモールドが入っているので、次回ブラックでスミ入れし、メリハリを付けるつもりだよ。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(ブライトレッド)
フィニッシャーズカラー
¥356 (2024/07/09 22:35時点 | Amazon調べ)

ブラック

ブラックは、ガイアノーツのEx- ブラックを塗装しています。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(ブラック2)
ティフォエウスガンダムのパーツ

バックパックはブラックをグロス(ツヤあり)仕上げ、フレームをメカサフをフラット仕上げにして、メリハリを出すつもりだよ。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(ブラック1)
キメラ形態のパーツ
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥616 (2024/07/11 16:30時点 | Amazon調べ)

ゴールド

ゴールドは、ガイアノーツのスターブライトゴールドで塗装しています。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(スターブライトゴールド)

スターブライトゴールドは、ゴールドの塗料の中でかなり黄色みが強い色合いになっているよ。

アストレイゴールドフレーム天ハナカラーで制作するRGガンダムエピオン(塗料比較1)

ゴールドの塗料は、RG ガンダムエピオン(アストレイゴールドフレーム天ハナカラー)制作のときに、色合いを比較しているよ。

過去に制作したHG キュベレイMk-Ⅱ(プルツー専用機)では、色合いが異なるEx- ゴールドとスターブライトゴールドを組み合わせて、軽くメリハリを付けているよ。

ガイア・Exゴールドを塗装したキャンディ塗装・キュベレイマークツーのパーツ
HG キュベレイMk-Ⅱ(Ex- ゴールドのパーツ)
ガイア・スターブライトゴールドを塗装したキャンディ塗装・キュベレイマークツーのパーツ
HG キュベレイMk-Ⅱ(スターブライトゴールドのパーツ)

HG キュベレイMk-Ⅱは、スカート裏側のファンネルや腕部の塗り分けで、2つのゴールドを組み合わせているよ。

最終組み立て中のキャンディ塗装・キュベレイマークツーの頭部2
HG キュベレイMk-Ⅱ(ファンネルをスターブライトゴールド)
最終組み立て中のキャンディ塗装・キュベレイマークツーの腕部
HG キュベレイMk-Ⅱ(ハンドパーツの指をスターブライトゴールド)

メタリック

メタリックは、粒子のキメが細かいガイアノーツのフレームメタリック1を塗装しています。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(フレームメタリック1)
あきばお〜楽天市場支店
¥246 (2024/03/21 16:35時点 | 楽天市場調べ)

エアブラシ塗装に使用するツール

エアブラシのハンドピースは、GSIクレオスのプロコンBOY・ダブルアクションエアブラシ・0.3mmを使用しています。

エアブラシの塗装では、塗料と溶剤の比率を1:1.5程度にしていることが多いので、ガンプラの制作では、ほぼこのハンドピースだけで塗装をしています。

コンプレッサーの圧力を調整することで、メタリックカラーやサーフェイサーの塗装も問題なく対応可能です。

コンプレッサーは、タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーを使用しています。

タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーは、出力が高いので、サーフェイサーや粒子の粗いメタリックカラーなどを均一に塗装できます。

また、夏季の湿度の高い時期など、こまめに水抜きをする必要があるので、水抜きが簡単にできるのも助かります。

ハンドピース、コンプレッサー以外の塗装環境は、下記の記事に詳しく掲載しています。

塗装した色の組み合わせをチェックする

全パーツの塗装が完了したので、軽く組み合わせて色の組み合わせをチェックしています。

色のバランスや質感の違いなどは、概ねイメージどおりに仕上がっています。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(塗装チェック1)
シールド(ドラゴンヘッド)

ティフォエウスガンダム・キメラの腕部は、パーツの色分けをベースに、動力パイプ状の部分のみフレームメタリック1で塗装しているよ。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(塗装チェック2)
ティフォエウスガンダム・キメラの腕部

ティフォエウスガンダム・キメラの脚部は、Ex- ブラック、フレームメタリック1、メカサフを組み合わせて、質感の違いを表現しているよ。

全塗装武者頑駄無モチーフで制作するHGティフォエウスガンダム・キメラ(塗装チェック3)
ティフォエウスガンダム・キメラの脚部

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

今回のふりかえり

今回のティフォエウスガンダム・キメラは、基本的にパーツの成形色に従って色を選び、塗装しています。

前回制作したHG ライジングフリーダム(CLOSS CONTRAST COLOR)HG イモータルジャスティス(リアルタイプカラー)を始め、通常はiPadアプリで塗装イメージを作ってイメージを固め、それに沿って使う塗料を決めています。

今回はその工程をスキップして、シンプルに塗装を進めていますが、装甲とフレームで仕上げに差をつけること、グレーのパーツを2色で塗り分けたことがポイントです。

装甲はブライトレッド、スターブライトゴールドとEx- ブラックはグロス(ツヤあり)、フレームはフラット(ツヤ消し)のメカサフ・スーパーヘヴィを組み合わせています。

グレーのパーツは動力パイプやスラスター状のパーツなどをフレームメタリック1で塗り分けています。

どちらもメリハリや質感の違いを表現できればと思っていますが、軽く組み合わせてみたところ概ねイメージどおりに仕上がっています。

ここまでの工程はパーツの色分けなどを活用してシンプルに作業を進めてきましたが、次回仕上げの工程はモチーフの武者頑駄無に近づけるために工夫が必要になります。

また、通常に比べ一つひとつのパーツが大きいので、これまでの制作以上にデカール・シールなどの選択や全体のバランスに注意する必要があるので、慎重に制作を進めていきます。

塗装レシピ

メモ
  • ガイアノーツ NAZCA ピンクサフ
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォ(グレー)
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • ガイアノーツ メカサフ・スーパーヘヴィ
  • フィニッシャーズ ブライトレッド
  • ガイアノーツ Ex- ブラック
  • ガイアノーツ スターブライトゴールド
  • ガイアノーツ フレームメタリック1

使用したツール

メモ
  • ゴッドハンド 片刃ニッパーST
  • ゴッドハンド アルティメットニッパー
  • ゴッドハンド ショートパワーピンバイス
  • ゴッドハンド ドリルビット5本組B
  • ゴッドハンド スピンブレード
  • ダイソー ウッドブロック
  • ダイソー 強力スポンジ両面テープ(幅15mm)
  • タミヤ 瞬間接着剤・イージーサンディング

今回の制作で使用したキット

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回はHG ティフォエウスガンダム・キメラをSDW HEROES武者頑駄無モチーフに作る」仕上げ編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次