【ガンプラ全塗装】HG ナラティブガンダム(C装備)をバンシィ・ノルン(デストロイモード)カラーでリメイクする #5 完成編

当ページのリンクには広告が含まれています。
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムのアイキャッチ5

ご覧いただき、ありがとうございます。

前回に続き、HG ナラティブガンダム(C装備)をバンシィ・ノルン(デストロイモード)カラーでリメイクしていきます。

今回は完成編となります。

この記事の内容
  • 最終組み立て(ボディや腕部などの部分ごとの制作のポイント)
  • 完成レビュー(フロントビュー、サイドビュー、リアビュー、トップビューなどの印象)
  • 塗装前後の比較(ホワイト系からブラック系へ塗り替えたことによる印象の変化)
  • アクションポーズ(ビームライフルやビームサーベル、シールドなど)

前回の仕上げ段階まではほぼイメージどおりに制作できているので、塗装を傷めないよう慎重に作業を進めていくよ。

完成レビューだけでなく、塗装前後の印象の変化や、制作全体のふりかえりもていねいにお伝えしようね。

目次

制作のモチーフとメルカリで入手したキット

制作のモチーフ

制作のモチーフは、HGUC 1/144 ユニコーンガンダム2号機 バンシィ・ノルン(デストロイモード)です。

メルカリで入手したキット

今回の制作に使用したキットは、HG ナラティブガンダム(C装備)です、入手した商品は下記の状態で、価格は1,600円でした。

  • 素組み、ゲート跡はモデリングナイフで処理、部分的にスミ入れあり
  • 右手のライフル以外と左手のノーマル以外のハンドパーツとビームサーベルのクリアパーツは欠損
全塗装で制作するHGガンダムルブリスの塗装前・フロントビュー1

塗装イメージ

HGナラティブガンダム塗装イメージ3
塗り分けが完了した塗装イメージ

塗装イメージの作成手順は、下記の記事に詳しく掲載しています。

使用したツールと塗料のまとめ記事

HG ナラティブガンダム(C装備) ・バンシィ・ノルン(デストロイモード)カラーの制作で使用したツールと塗料は下記の記事にまとめています。

最終組み立て

仮組みの時に撮影した画像と比較しながら、最終組み立てを進めていきます。

頭部

ダークブルーイッシュパープル、ジャーマングレーの組み合わせと、マスキングで塗り分けたEx- ゴールドがよくマッチしていると思います。

左右のバルカンは、エナメル塗料のチタンゴールド、マスクとツインアイの境目の部分は、エナメル塗料のガンメタルを筆塗りしているよ。

塗装する前の全塗装で制作するHGナラティブガンダム(C装備)の頭部1
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの頭部2
マスクとツインアイの境目の部分は、エナメル塗料のガンメタル

プライマリーメタリックレッドのツインアイやプライマリーメタリックブルーのカメラ部分がキレイに見えてよかったね。

塗装する前の全塗装で制作するHGナラティブガンダム(C装備)の頭部2
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの頭部1
左右のバルカンは、エナメル塗料のチタンゴールド

ボディ

ボディのサイコフレーム以外の部分は、ダークブルーイッシュパープル、ジャーマングレー、フレームメタリック1を組み合わせて、立体感とメリハリが出るようにしています。

透明のクリアパーツだったコックピットは、サイコフレームと同じメタリックオレンジで塗装しているよ。

サイコフレームの円形モールドには、1mmのメタルボール(ゴールド)を取り付けているよ。

塗装する前の全塗装で制作するHGナラティブガンダム(C装備)のボディ1
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムのボディ1
塗装後

腕部

フラット(ツヤ消し)仕上げのソリッドカラーと、グロス(ツヤあり)仕上げのメタリックカラーやメタルボールが、うまくまとまったと思います。

ブラックでスミ入れした関節の部分や、ガンメタルを筆塗りした部分もアクセントになっているね。

塗装する前の全塗装で制作するHGナラティブガンダム(C装備)の腕のパーツ
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの腕部
塗装後

スカート

スカートは、ゴールドとイエローのデカールを併用していますが、違和感なく仕上がったと思います。

後ろのスカートから、メタリックのサイコフレームやバーニアがチラ見えするのがいいね。

塗装する前の全塗装で制作するHGナラティブガンダム(C装備)のスカートのパーツ1
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムのスカート
塗装後

脚部

脚の部分は、ソリッドカラーとメタリックカラーの組み合わせの他に、チタンゴールドやプライマリーメタリックブルーを塗装してワンポイントにしています。

スリットになっているフレームメタリック1やメタリックオレンジの塗装漏れがないよう注意して作業しているよ。

塗装する前の全塗装で制作するHGナラティブガンダム(C装備)の脚のパーツ
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの脚部
塗装後

バックパック

バックパックのバーニアは、フレームメタリック1で塗装した後、ガイアノーツのクリアーブルーを軽く塗装しています。

塗装する前の全塗装で制作するHGナラティブガンダム(C装備)のバックアップ
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムのバックパック
塗装後

ライフル・シールド

シールドは面が大きいので、塗装ミスが心配でしたが、概ねきれいに仕上がってよかったです。

ビームライフルは、メルカリで購入した状態でスジボリが粗く、修正できなかったので、ゴールドのシールを貼っているよ。

塗装する前の全塗装で制作するHGナラティブガンダム(C装備)のシールド
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムのビームライフルとシールド
塗装後
[quads id=1]

完成レビュー

HG ナラティブガンダム(C装備)をバンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーでリメイクすることを目指して制作してきましたが、ほぼイメージどおりに完成したと思います。

フロントビュー

しっとりと落ち着きのあるソリッドカラー(ダークブルーイッシュパープル・ジャーマングレー)と、存在感のある光沢のメタリックカラー(メタリックオレンジとフレームメタリック1)がよく調和していると思います。

ネイビーやグレーを少し光沢感のあるフラット(ツヤ消し)仕上げにしたのがよかったかな。

ネイビーやグレーと、サイコフレームのメタリックオレンジも良いコントラストになっているね。

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(フロントビュー)

バストアップ

ボディの部分は、もともと立体的に造形されていることに加えて、ソリッドカラーとメタリックカラーを細かく塗り分けたことで、さらに立体感が増したと思います。

マスキングで塗り分けた頭部アンテナは、けっこう存在感があるから、Ex- ゴールドで塗装してよかったよ。

頭部の細かい塗り分けや、デカールとメタルボールなどの細かい仕上げによって、立体感がさらに際立っているね。

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(バストアップ)

サイドビュー

サイドから見ると、レジンを入れた肩のブルーや脚のプライマリーメタリックブルーがよいアクセントになっています。

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(サイドビュー2)

脚は、パーツごとの塗り分けに加えて、マスキングや筆塗りで細かく塗り分けたから、メリハリのある仕上がりになっているね。

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(サイドビュー1)

リアビュー

背面から見ると、メタルボールや脚のチタンゴールドとレジンを入れたブルー、ゴールドのデカールが塗装によく映えていると思います。

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(リアビュー1)

バックパックのパーニアは、百均(ダイソー)のシードビーズ(2mm・ゴールド)を取り付けています。

プライマリーメタリックブルーは、HG キュベレイMk-Ⅱの制作でも使用したけど、キレイなメタリックでよいアクセントになっているね。

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(リアビュー2)

トップビュー

頭部や肩の部分のデカールは、余っていたゴールドやイエローのコーションを貼っていますが、周りの塗装やゴールドのデカールと違和感なく仕上がっていると思います。

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(トップビュー)

塗装前後を比較する

今回の制作では、基本的に塗装前のパーツの色分けに沿って塗り分けています。

#2の塗装準備編で比較して決めたダークブルーイッシュパープルとジャーマングレーの相性がよく、パーツの改造などはしていませんが、引き締まったスリムな印象に変わったと思います。

フロントビュー

全塗装で制作するHGガンダムルブリスの塗装前・フロントビュー1
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(フロントビュー)
塗装後

バストアップ

全塗装で制作するHGガンダムルブリスの塗装前・バストアップ1
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード1)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(バストアップ)
塗装後

サイドビュー

全塗装で制作するHGガンダムルブリスの塗装前・サイドビュー1
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(サイドビュー2)
塗装後
全塗装で制作するHGガンダムルブリスの塗装前・サイドビュー5
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(サイドビュー1)
塗装後

リアビュー

全塗装で制作するHGガンダムルブリスの塗装前・リアビュー2
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(リアビュー1)
塗装後

トップビュー

全塗装で制作するHGガンダムルブリスの塗装前・トップビュー
塗装前
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(トップビュー)
塗装後

iPadアプリで作成した塗装イメージと比較する

#2の塗装準備編で作成した塗装イメージと比較すると、サイコフレームのオレンジが濃くなってしまいましたが、結果的には仕上がった色の方がコントラストがよくなって、ほぼイメージどおりに完成したと思っています。

HGナラティブガンダム塗装イメージ3
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(フロントビュー)

アクションポーズ

塗装前にクリアランス調整をていねいに行ったので、塗装の傷みや関節の緩みがなく、ポージングがしやすくなりました。

ビームライフル

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムのアクションポーズ(ビームライフル4)

ポージングをすると、脚の関節や足首のチタンゴールドがよく映えるね。

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムのアクションポーズ(ビームライフル2)
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムのアクションポーズ(ビームライフル5)
ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムのアクションポーズ(ビームライフル6)

ビームサーベル

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムのアクションポーズ(ビームサーベル1)

シールドを背面に取り付けることも可能だよ。

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムのアクションポーズ(ビームサーベル2)

今回の制作のような、グレーとメタリックカラーの組み合わせは、FULL MECHANICS レイダーガンダムを(リサーキュレーションカラー・パープル)の制作でも使用しています。

ユニコーンガンダム・バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーの全塗装で制作したHGナラティブガンダムの完成レビュー(フロントビュー)
HG ナラティブガンダム(C装備)
全塗装で制作したフルメカニクス・レイダーガンダム(リサーキュレーションカラー・パープル)の完成レビュー16
FULL MECHANICS レイダーガンダム

HG ナラティブガンダム(C装備)バンシィ・ノルン(デストロイモード)カラーは、2022年に制作した作品の中で第9位に選んでいます。

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

制作全体のふりかえり

HG ナラティブガンダム(C装備)をユニコーンガンダム、バンシィ・ノルン(デストロイモード)風カラーでリメイクすることを目指して制作してきましたが、ほぼイメージどおりに完成して安心しています。

今回の制作のポイントは、「塗装イメージの作成」と「塗装する色の組み合わせを決める」の2点だったと思います。

オリジナルのカラーと異なった色に制作するときに毎回お伝えしていることですが、塗装イメージを作成すると頭の中でぼんやりとしていたイメージが明確になり、その後の作業がとてもスムーズになります。

特に、今回のナラティブガンダムは、ホワイト、ライトグレー、クリアパーツなどの成型色に沿って塗り分けることにしたので、塗装イメージが作りやすかったですし、とても役に立ちました。

ソリッドカラーで塗装する色の組み合わせでは、6色のネイビーとグレーを比較してから、今回使用したダークブルーイッシュパープルとジャーマングレーを選んでいます。

他の色の組み合わせでもキレイに仕上がったと思いますが、作成した塗装イメージをベースに、具体的に完成後をイメージできるので、重要な工程だったと思っています。

塗装の段階では、ソリッドカラーの塗装は順調に進みましたが、#3の塗装編の記事でもお伝えしたとおり、メタリックオレンジのキャンディ塗装は色ムラができてしまい、一からやり直しました。

クリアカラーの色が乗りにくいことはわかっていたつもりでしたが、完成を急ぎ過ぎてしまったかなと反省しています。

メインカラーで使用したダークブルーイッシュパープルは、とても自分好みの色で、今回の制作にぴったりでした。

今回のようなグレーやブラックだけでなく、他のネイビーと組み合わせたり、いろいろ使いみちがあると思うので、今後も活用したいと思います。

また、頭部のアンテナが接着されていて分解できなかったので、マスキングでEx- ゴールドの塗装が漏れなく仕上がるかとても不安でしたが、キレイに仕上がったときはとても嬉しかったです。

アンテナの色は、スターブライトゴールドと迷いましたが、メタリックオレンジと色合いが違って存在感が出たので、Ex- ゴールドを使用してよかったと思っています。

仕上げの段階では、使用するデカールをゴールドとイエローに絞ったことがよかったと思います(ホワイトやレッドのデカールを使用するとチグハグな印象になったかなと思うので)。

今回はマスキングで塗り分ける部分が少なかったので、レジン入れやメタルパーツ、プライマリーメタリックブルーの塗装など、細かい部分の仕上げをていねいに行っています。

その結果、完成レビューやポージングの印象がよくなったので、今後もていねいに作業することを心がけます。

一方で、塗装前の下地処理、塗料の希釈や塗装の仕方、デカールの仕上げなど、まだまだ粗いところがありますので、試行錯誤しながら制作していきたいと思います。

次回から、HG ブラックライダーをSD グリーンベレーガンダム風に制作する予定です。

塗装レシピ

メモ
  • ガイアノーツ ダークブルーイッシュパープル
  • GSIクレオス ジャーマングレー
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォ(グレー)
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • ガイアノーツ クリアーイエロー
  • ガイアノーツ クリアーレッド
  • GSIクレオス GXメタルイエロー
  • ガイアノーツ Ex- シルバー
  • ガイアノーツ フレームメタリック1
  • タミヤ エナメル塗料・ガンメタル
  • タミヤ エナメル塗料・ブラック
  • タミヤ スミ入れ塗料・ブラック
  • タミヤ スミ入れ塗料・オレンジブラウン
  • ガイアノーツ Ex- フラットクリアー(ツヤ消し)
  • ガイアノーツ Ex- クリアー(ツヤあり)
  • ガイアノーツ プライマリーメタリックレッド
  • ガイアノーツ プライマリーメタリックブルー
  • タミヤ エナメル塗料・チタンゴールド

塗料の比較のみに使用したものはこちらです。

  • ガイアノーツ スレートブラック
  • GSIクレオス ネイビーブルー
  • ガイアノーツ ミッドナイトブルー
  • ガイアノーツ ニュートラルグレーⅤ

使用したツール

メモ
  • ダイソー 整理トレー(大)
  • プロクソン ペンサンダー
  • タミヤ フィニッシングペーパー、600・800番
  • ダイソー ウッドブロック・強力スポンジ両面テープ(幅15mm)
  • ハセガワ モデリングスクライバー(けがき針)
  • スジボリ堂 BMCタガネ0.2mm
  • ゴッドハンド ショートパワーピンバイス
  • ゴッドハンド ドリルビット5本組B
  • ゴッドハンド スピンブレード
  • HJモデラーズデカール コーションA(ミラーゴールド)
  • ベルテクス システムマーキングN3
  • ハイキューパーツ サークルステッカー・ブルー
  • ダイソー 速乾UVレジン液のクリア・ハード
  • ガイアノーツ M-09 UVライト
  • GSIクレオス Mr.グルー・アプリケーター
  • 1mmのメタルボール(ゴールド)
  • ダイソー シードビーズ(2mm・ゴールド)

今回の制作で使用したキット

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回は「HG ブラックライダーをSD グリーンベレーガンダム風に作る」仮組み編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次