【ガンプラ全塗装】RG νガンダムをRX93ff(GUNDAM SIDE-F限定)カラーで作る #4 仕上げ編(その1)

当ページのリンクには広告が含まれています。
全塗装でRX-93ff風に制作したνガンダムのアイキャッチ4

ご覧いただき、ありがとうございます。

前回に続き、RG νガンダムをRX93ff(GUNDAM SIDE-F限定)カラーで制作していきます。

今回は仕上げ編(その1)となります。

この記事の内容
  • マスキング(ブルー、イエローとグレー、フィン・ファンネルの塗り分け)
  • スミ入れと筆塗り(グレー、ブラック、ダークブラウン)
  • コーションデカールとスペクトラムデカールの貼り付け

マスキングでイエローを塗り分けてから、ライトグレーのコーションデカールなどを使って、νガンダム立像のイメージに近くなるよう仕上げていくよ。

肩や脚のレインボーカラーのマーキングをどう表現するかもポイントだね。

目次

制作のモチーフと使用したキット

制作のモチーフ

制作のモチーフは、2022年4月にオープンしたららぽーと福岡に設置されている実物大νガンダム立像「RX-93ff νガンダム」です。

背面のロングレンジ・フィン・ファンネルを自作するのは、自分にはハードルが高過ぎるので、主に塗装で工夫していくよ。

RX-93ff立像の画像は、下記「電撃ホビーウェブ」様の記事を参考にしているよ。

使用するキット

制作に使用するキットは、RG 1/144 νガンダムです。

全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムの仮組みレビュー(フロントビュー2)

塗装イメージと関連記事

塗装イメージ

iPadのアプリで作成した全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムの塗装イメージ2
塗り分けが完了した塗装イメージ

塗装イメージは#2の塗装準備編で作成しています。

使用したツールと塗料のまとめ記事

RG νガンダム・RX93ff(GUNDAM SIDE-F限定)カラーの制作で使用したツールと塗料は下記の記事にまとめています。

マスキングで塗り分ける

ブルー

かかとのパーツは、上部をコバルトブルー、下部をMSブルーZ系で塗り分けています。

マスキングでコバルトブルーとMSブルーZを塗り分けた全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ
コバルトブルーとMSブルーZ系

画像右側のふくらはぎのパーツは、先にオレンジイエローを塗装してから、コバルトブルーの順に塗装しているよ。

マスキングでコバルトブルーとオレンジイエローを塗り分けた全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ
コバルトブルーとオレンジイエロー

グレー

前回の塗装編で、先にオレンジイエローを塗装した内部フレームのパーツは、メカサフ・スーパーヘヴィと塗り分けています。

マスキングでメカサフとオレンジイエローを塗り分ける全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ
マスキング前

ホワイトやブルーの外装と組み合わせたときに、どんなコントラストになるか楽しみだね。

マスキングでメカサフとオレンジイエローを塗り分けた全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ
マスキング後

フィン・ファンネル

背面のフィン・ファンネルは、次の手順で塗り分けています。

  • ブライトレッドを塗装する部分以外をマスキング
  • ブライトレッドを塗装
  • メカサフ・スーパーヘヴィで塗装する部分以外をマスキング
  • メカサフ・スーパーヘヴィを塗装
マスキングでキャラクターホワイトとブライトレッドを塗り分ける全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ
①ホワイトの部分をマスキング
マスキングでキャラクターホワイトとブライトレッドを塗り分けた全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ
②ブライトレッドを塗装
マスキングでメカサフを塗り分ける全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ
③ホワイトとブライトレッドの部分をマスキング
マスキングでメカサフを塗り分けた全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ
④メカサフ・スーパーヘヴィを塗装して完了

筆塗りとスミ入れをする

グレー

ホワイトのパーツは、タミヤのエナメル塗料・スカイグレイ(筆塗り)とタミヤのスミ入れ塗料・ダークグレー(スミ入れ)を使用しています。

筆塗りには、νガンダム立像の明るいグレーのイメージに合わせて、明るめのスカイグレイを使用しているよ。

スミ入れ塗料・ダークグレーでスミ入れし、エナメル塗料のスカイグレイを筆塗りした全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ

ブラック

ブルーのパーツは、タミヤのエナメル塗料・ブラック(筆塗り)と、タミヤのスミ入れ塗料・ブラック(スミ入れ)を使用しています。

スミ入れ塗料・ブラックでスミ入れした全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ

ブラウン

イエローのパーツは、タミヤのスミ入れ塗料・ダークブラウン(スミ入れ)を使用しています。

スミ入れ塗料・ブラウンでスミ入れした全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ

デカールを貼る

デカールは、νガンダム立像の画像を参考に、レッド、ライトグレー、ホワイトなどのコーションデカールを貼っています。

ホワイトのパーツ

グレーのコーションは、RB CAUTION DECALのライトグレーと、GMラインデカールのwithコーション・ライトグレーを組み合わせています。

レッドのコーションデカールは、いくつか余っていたデカールを組み合わせて貼っています。

グレーのコーションは、同じパーツに濃淡の2つを組み合わせるなど、少しメリハリがつくようにしているよ。

レッドとライトグレーのコーションデカールを貼った全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ

ブルーのパーツ

ホワイトのコーションは、RB CAUTION DECALのホワイトの中から、νガンダム立像のマーキングに形やサイズが近いものをピックアップして貼っています。

ホワイトとレッドのコーションデカールを貼った全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ
ホワイトのコーションデカールを貼った全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ

レインボーカラーのマーキング

νガンダム立像は、肩や脚にレインボーカラーのアムロ・パーソナルマークが使われています。

全く同じものを用意できなかったので、ハイキューパーツのスペクトラムSIJデカールを貼って、雰囲気が近くなるようにしています。

スペクトラムSIJデカールは、マーキングごとに分離していないので、極力余白が出ないよう慎重に切り出しているよ。

ハイキューパーツ・マーク「セブン・CRライン」スペクトラムデカール

デカールがデリケートで、マークセッターも水で薄めるよう推奨されているところも注意が必要だよ。

スペクトラムデカールを貼った全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ

スカート(右側)の塗り分け

スカートの右側は、ブルーの部分をマスキングでMSブルーZ系で塗り分けた後、レッドのラインには余っていたデカール(HG 1/144 ガンダムベース限定 ガンダムMk-II(21st CENTURY REAL TYPE Ver.)のもの)を使用しています。

2パーツで構成されているので、組み合わせたときにまっすぐつながるよう、慎重にラインを決めているよ。

マスキングでブルーを塗り分け、レッドのラインデカールを貼った全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ1
マスキングでブルーを塗り分け、レッドのラインデカールを貼った全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムのパーツ2

RG νガンダムRX93ff(GUNDAM SIDE-F限定)カラーは、2022年に制作した作品の中で第1位に選んでいます。

他にトリコロールカラーで制作しているMSの記事一覧を下記リンクに掲載しています。

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

今回のふりかえり

マスキングは、いずれも明るい色(コバルトブルー、オレンジイエロー、ホワイト)から濃い色(MSブルーZ系、グレー、ブライトレッド)の順に塗装しています。

ブルーとグレーの塗り分けは、νガンダム立像どおりに制作するための塗り分けですが、フィン・ファンネルは、実物には装備されていない部分なので、画像を参考にしながら、ブルーの部分と組み合わせたときに、より近いイメージになるように塗り分けています。

現時点では、どのように仕上がるかわからないので、トップコートで色が落ち着き、組み立てたときにどのような印象になるか楽しみにしています。

νガンダム立像を見ると、細かく淡いグレーが使われていたので、ホワイトのパーツの筆塗りには、初めてスカイグレイを使用しています。

ライトグレーのコーションデカールと組み合わせて、実物に近いイメージにしたいと思っています。

今回の制作から、モールドの彫り直しや追加に、スジボリ堂のBMCタガネ0.15mmを使用してみましたが、これまでの0.2mmのラインに比べてラインがシャープになったように感じます。

今回は、0.15mmのみを使用しましたが、次回以降の制作では、スケールやモールドの太さに応じて、2つのタガネを使い分けていこうと思います。

デカールは、ライトグレーのコーションとスペクトラムデカールを使用したのがポイントです。

ライトグレーのコーションデカールは、ベースのホワイト(キャラクターホワイト、MSホワイト、ニュートラルグレーⅣと明るさが異なる3色)に、しっかり映えるか心配でしたが、立像に近いイメージに仕上がったかなと思います。

スペクトラムSIJデカールは、一般的なデカールと異なり、マーキングごとに切り分けられていなかったので、最初に大きめにカットしてから、マーキングに沿って余白がなくなるようにしています。

また、デカールそのものの粘着力が弱く、マークセッターを使うと柔らかくなり過ぎたので、細かい凹凸のある部分に使うのは難しいと感じました。

とはいえ、レインボーカラーを再現するのにはとても役に立ったので、いずれ広い面のパーツなどに使ってみたいと思います。

右側のスカートの塗り分けは、νガンダム立像を再現するうえでかなり重要な部分なので、マスキング、デカール貼りともに、何度か2つのパーツを組み合わせて、真っすぐになるように調整しています。

レッドのラインデカールは、HG ガンダムMk-IIをRG リミテッドカラー風で制作したときに、今回のためにとっておいたものです。

裏側のパーツをスライドすると少しずれてしまうのですが、あまりスライドさせないと思うので、よく仕上がったと思っています。

次回は、トップコートを塗装した後、ツインアイや発光部分を仕上げ、最終組み立てを進めていきます。

塗装レシピ

メモ
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォホワイト
  • GSIクレオス キャラクターホワイト
  • GSIクレオス MSホワイト
  • ガイアノーツ ニュートラルグレーⅠ
  • GSIクレオス コバルトブルー
  • GSIクレオス MSブルーZ
  • ガイアノーツ オレンジイエロー
  • ガイアノーツ ブライトレッド
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォスカイブルー
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォレモンイエロー
  • ガイアノーツ NAZCA ピンクサフ
  • ガイアノーツ メカサフ・ヘヴィ
  • ガイアノーツ メカサフ・スーパーヘヴィ
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • ガイアノーツ フレームメタリック2
  • タミヤ エナメル塗料・スカイグレイ
  • タミヤ スミ入れ塗料・ダークグレー
  • タミヤ エナメル塗料・ブラック
  • タミヤ スミ入れ塗料・ブラック
  • タミヤ スミ入れ塗料・ダークブラウン

塗料の比較のみに使用したものはこちらです。

  • ガイアノーツ アルティメットホワイト
  • GSIクレオス クールホワイト
  • フィニッシャーズ ファンデーションホワイト
  • フィニッシャーズ スーパーシェルホワイト
  • フィニッシャーズ スーパーファインコバルト
  • GSIクレオス MSブルー
  • GSIクレオス インディブルー
  • GSIクレオス キャラクターブルー
  • フィニッシャーズ ピュアブルー
  • ガイアノーツ サンシャインイエロー
  • ガイアノーツ 橙黄色
  • ガイアノーツ ビビットオレンジ
  • ガイアノーツ NAZCA マンダリンオレンジ

使用したツール

メモ
  • タミヤ 薄刃ニッパー(ゲートカット用)
  • ゴッドハンド アルティメットニッパー
  • スリーコインズ スライド式カトラリーケース
  • ダイソー インテリアトレイ
  • ダイソー キューティクルプッシャー
  • タミヤ フィニッシングペーパー、600・800番
  • ダイソー スポンジやすり(細目)
  • ダイソー ウッドブロック・強力スポンジ両面テープ(幅15mm)
  • ハセガワ モデリングスクライバー(けがき針)
  • スジボリ堂 BMCタガネ0.15mm
  • タミヤの瞬間接着剤・イージーサンディング
  • ハセガワのテンプレートセット1
  • ハイキューパーツ スジボリ用ガイドテープ 6mm
  • ゴッドハンド ショートパワーピンバイス
  • ゴッドハンド ドリルビット5本組B
  • ゴッドハンド スピンブレード
  • スジボリ堂 マイフレンドゆかりさん
  • RB CAUTION DECAL・ライトグレー
  • GMラインデカールのwithコーション・ライトグレー
  • RB CAUTION DECAL・ホワイト
  • ハイキューパーツ スペクトラムSIJデカール

今回の制作で使用したキット

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回は「RG νガンダムをRX93ff(GUNDAM SIDE-F限定)カラーで作る」仕上げ編(その2)の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次