【ガンプラ全塗装】RG νガンダムをRX93ff(GUNDAM SIDE-F限定)カラーで作る #2 塗装準備編

当ページのリンクには広告が含まれています。
全塗装でRX-93ff風に制作したνガンダムのアイキャッチ2

ご覧いただき、ありがとうございます。

前回に続き、RG νガンダムをRX93ff(GUNDAM SIDE-F限定)カラーで制作していきます。

今回は塗装準備編となります。

この記事の内容
  • iPad描画アプリを使った塗装イメージの作成(SengaChanとibisPaintX)
  • ホワイト(全8色)、ブルーの(全7色)、イエロー(全5色)の塗料比較
  • 塗装する色の決定と色の組み合わせ

今回は塗装イメージを作成した後、ホワイト、ブルー、イエローなどの塗装で使用する色を比較して、塗装する色を決めていくよ。

ホワイトやブルーは、色の明るさや色合いが近い色が多いから、画像を使って色の印象をお伝えしようね。

目次

制作のモチーフと使用したキット

制作のモチーフ

制作のモチーフは、2022年4月にオープンしたららぽーと福岡に設置されている実物大νガンダム立像「RX-93ff νガンダム」です。

背面のロングレンジ・フィン・ファンネルを自作するのは、自分にはハードルが高過ぎるので、主に塗装で工夫していくよ。

RX-93ff立像の画像は、下記「電撃ホビーウェブ」様の記事を参考にしているよ。

使用するキット

制作に使用するキットは、RG 1/144 νガンダムです。

全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムの仮組みレビュー(フロントビュー2)

使用したツールと塗料のまとめ記事

RG νガンダム・RX93ff(GUNDAM SIDE-F限定)カラーの制作で使用したツールと塗料は下記の記事にまとめています。

iPadのアプリで塗装イメージを作る(SengaChanとibisPaintX)

塗装イメージは、SengaChan(iOS版のみ)とibisPaintXというアプリを使用して作成しています(どちらも無料でインストール可能)。

塗装イメージの作成手順は、下記の記事に詳しく掲載しています。

SengaChan(線画を抽出する)

  • SengaChanで画像から線画を抽出し、画像を保存する
  • モードとシャープネス、しきい値を設定する(モードを「分割」、シャープネスを「中」か「高」、しきい値を「低」に設定)
  • 線画を保存し、SengaChanを終了する
iPadのアプリで作成した全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムの塗装イメージ1
SengaChanで抽出した線画

ibisPaintX(線画を加工する)

  • 先ほど保存した線画をibisPaintXで開く
  • 黒側と白側の色を調整して線画の輪郭線をできるだけ明確にする
  • 保存ボタンを押していったん画像を保存する
  • 保存した画像の途切れている輪郭線をブラシでつなぐ(この作業が不十分だと隣の部分まで同じ色に塗りつぶされる)
iPadのアプリで作成した全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムの塗装イメージ3
ibisPaintXで輪郭線を追加した線画

ibisPaintX(線画に色を入れる)

  • 作業レイヤーを追加し、輪郭線のレイヤー1、塗りつぶしに使うレイヤー2を追加する
  • 塗りつぶしを使って、レイヤー2の輪郭線の内側を塗りつぶす
  • 塗りつぶしが完了したら、レイヤー1とレイヤー2を入れ替え、輪郭線が前面になるようにする
  • PNG保存を選び、ibisPaintXを終了する
iPadのアプリで作成した全塗装でRX-93ff風に制作するνガンダムの塗装イメージ2
塗り分けが完了した塗装イメージ

RX-93ffは、通常のRG νガンダムと比較すると、ボディカラーがネイビーから濃淡のブルーの組み合わせに変更されています。

塗装イメージで塗り分ける部分や全体のイメージがつかめたので、塗装に使用する色を比較・決定していきます。

塗料を比較する(ホワイト・3色)

塗料の比較は、百均のクリアスプーンに、サーフェイサー、比較する色、フラット(つや消し)のトップコートの順に塗装した状態で行っています。

できるだけ実際の色に近くなるよう画像を調整していますが、使用するモニター等の環境により、本文の説明と異なっていたり、色の違いが分かりづらい場合があります。

また、それぞれの色の説明は、筆者が感じた印象となりますので、ご了承ください。

用意した塗料

ホワイトの比較に使用したのは、次の8種類で、下地はすべて、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォホワイトを使用しています。

比較に用意した塗料
  • ガイアノーツ アルティメットホワイト
  • GSIクレオス クールホワイト
  • フィニッシャーズ ファンデーションホワイト
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォホワイト
  • GSIクレオス キャラクターホワイト
  • GSIクレオス MSホワイト
  • フィニッシャーズ スーパーシェルホワイト
  • ガイアノーツ ニュートラルグレーⅠ

塗料の比較

まずは候補の中から明るい色の4色を比較しています。

アルティメットホワイト、クールホワイト、ファンデーションホワイトの3色は、ほぼ同じくらいの明るさで、あまり差を感じませんが、強いてあげるなら、クールホワイトに少しグレーを感じるかなという印象です。

サーフェイサー・エヴォホワイトは、ほかの3色に比べると少し暗い色合いだよ。

ガンプラ制作で使用するホワイトの塗料比較2

落ち着いたホワイトの比較では、キャラクターホワイトが一番明るくニュートラルな色合いで、そのほかの色は、グレーの色の暖かみに差があるという印象です。

MSホワイトとスーパーシェルホワイトは、どちらも青みのあるグレーが入っていて、MSホワイトのほうが少し明るい色になっています。

ニュートラルグレーⅠは、この3色の中では黄色みが入っていて、一番暖かみを感じるかな。

ガンプラ制作で使用するホワイトの塗料比較1

HG ガンダムルブリスを制作したときも、ホワイトの塗料を比較してから、使用する色を決めています。

全塗装で制作したHGガンダムルブリスのアクションポーズ(膝立ち)

塗料を比較する(ブルー)

用意した塗料

ブルーの比較に使用したのは、次の7種類で、下地はすべて、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォスカイブルーを使用しています。

比較に用意した塗料
  • GSIクレオス コバルトブルー
  • フィニッシャーズ スーパーファインコバルト
  • GSIクレオス MSブルー
  • GSIクレオス インディブルー
  • GSIクレオス MSブルーZ系
  • GSIクレオス キャラクターブルー
  • フィニッシャーズ ピュアブルー

塗料の比較

左から明るい順に並べていて、上段が明るいブルーで塗装する色の候補、下段が濃いブルーで塗装する色の候補です。

似たような色合いのものが多く、名前を伏せると見分けがつかない色があります。

画像下段のMSブルーZ系、キャラクターブルー、ピュアブルーの順に濃度が濃くなり、ピュアブルーは藍色に近いブルーになっています。

スーパーファインコバルト、キャラクターブルー、ピュアブルーには、わずかにパープルを感じるよ。

インディブルーは、少しくすんだ感じのあるブルーで、MSブルーより濃い色になっているよ。

ガンプラ制作で使用するブルーの塗料比較2

MG エクリプスガンダムをを制作したときも、ブルーの塗料を比較してから、エクリプスとフリーダムで使用する色を決めています。

ビームサーベルとシールドを構えたMGエクリプスガンダム

塗料を比較する(イエロー)

用意した塗料

イエローの比較に使用したのは、次の5種類で、下地はすべて、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォレモンイエローを使用しています。

比較に用意した塗料
  • ガイアノーツ サンシャインイエロー
  • ガイアノーツ オレンジイエロー
  • ガイアノーツ 橙黄色
  • ガイアノーツ ビビッドオレンジ
  • ガイアノーツ NAZCA マンダリンオレンジ

塗料の比較

モチーフのRX-93ffの画像を見ると、イエローに少しオレンジを感じるので、ニュートラルなサンシャインイエローから、ほぼオレンジに近いNAZCA マンダリンオレンジの順に並べて比較しています。

今回の制作では、オレンジイエロー、橙黄色、ビビッドオレンジから使う色を決めようかな。

サンシャインイエローはニュートラルなイエローで、マンダリンオレンジは少しオレンジが強過ぎるかな。

ガンプラ制作で使用するイエローの塗料比較1

塗装前に塗料比較を行った制作は、下記の記事にまとめています。

使用する色を決める

塗装する色

ホワイト、ブルー、イエローの塗料を比較した結果、RX93ff(GUNDAM SIDE-F限定)風カラーの塗装には、次の色を使用します。

使用した塗料のリスト
  • ホワイト(メインカラー) GSIクレオス キャラクターホワイト
  • ホワイト(サブカラー1) GSIクレオス MSホワイト
  • ホワイト(サブカラー2) ガイアノーツ ニュートラルグレーⅠ
  • ブルー1(明るい色) GSIクレオス コバルトブルー
  • ブルー2(濃い色) GSIクレオス MSブルーZ系
  • イエロー ガイアノーツ オレンジイエロー
  • レッド ガイアノーツ ブライトレッド
  • グレー1(基本のグレー) ガイアノーツ メカサフ・スーパーヘヴィ
  • グレー2(関節の塗り分けなどに使う色) ガイアノーツ メカサフ・ヘヴィ
  • バーニアや内部フレームなどのワンポイント ガイアノーツ フレームメタリック2

ホワイト(3色)

ホワイトは、落ち着いたホワイトの中で一番明るいキャラクターホワイトをベースに、グレーの暖かみが異なるMSホワイトとニュートラルグレーⅠで塗り分けます。

モチーフのRX-93ff立像のホワイトは、アルティメットホワイトなどのような明るいホワイトより落ち着いて見えるので、キャラクターホワイトを選んでいます。

全塗装で制作するRX-93ff風νガンダムで使用するホワイトの組み合わせ

ブルー(2色)

ブルーは、濃淡の組み合わせの選択肢が最も多かったのですが、スッキリした色合いで、柔らかにメリハリが出そうなMSブルーZ系とコバルトブルーの組み合わせを選んでいます。

全塗装で制作するRX-93ff風νガンダムで使用するブルーの組み合わせ

イエロー

イエローは、オレンジ色が入っている色の中で、橙黄色と迷いましたが、実物画像の印象から、少しイエローに近いオレンジイエローを選んでいます。

全塗装で制作するRX-93ff風νガンダムで使用するイエロー

ブライトレッド

レッドは、ニュートラルな仕上がりにしたいので、ピンクサフの上にブライトレッドを塗装します。

MG エクリプスガンダムでは、ビビッドなコントラストになるディープレッドを選んでいます。

完成したMGエクリプスガンダムのサイドビュー

HG ブラックライダーでは、落ち着いた色合いにするために、グレーサフ+ブライトレッドの組み合わせで塗装しています。

グリーンベレーガンダム風カラーの全塗装で制作したHGブラックライダーの完成レビュー(フロントビュー2)

色の組み合わせ

今回の色の組み合わせは、あまりコントラストが強くなり過ぎない、ニュートラルな色の組み合わせを目指します。

全塗装で制作するRX-93ff風νガンダムで使用する色の組み合わせ

RG νガンダムRX93ff(GUNDAM SIDE-F限定)カラーは、2022年に制作した作品の中で第1位に選んでいます。

他にトリコロールカラーで制作しているMSの記事一覧を下記リンクに掲載しています。

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

今回のふりかえり

今回も塗り分ける部分や、全体のイメージをつかむために、iPadアプリで塗装イメージを作成しています。

ボディの塗り分けはネットの画像でほぼ把握できたのですが、フィン・ファンネルをどのようにして実物に近づけて塗装するか、何度か試行錯誤して今回の塗り分けに決めています。

イメージでは見えていませんが、フィン・ファンネル背面のネイビーで成形されているパーツは、MSブルーZを塗装する予定です。

今回記事のメインはホワイト、ブルーの塗料比較になります。

ホワイトとブルーの塗料は、以前制作したエクリプスガンダムやガンダムルブリスで比較した色の中から選んでいますが、どちらも色の明るさや色合いが似ている色が多く、組み合わせに迷いましたが、今回の色を選んでいます。

  • ホワイト(明るい色から順に、キャラクターホワイト、MSホワイト、ニュートラルグレーⅠ)
  • ブルー(明るい色から順に、コバルトブルー、MSブルーZ)

ベースのホワイトは、3色の違いを出すために、アルティメットホワイトのような明るい色にするつもりでしたが、モチーフの立像を見ると明るくなり過ぎると感じたので、キャラクターホワイトを選んでいます。

わずかな色の明るさや暖かみの差になりますが、MSホワイト、ニュートラルグレーと塗り分けたいと思っています。

ブルーは、藍色に近いピュアブルーは少しイメージと違ったので、まず候補から外しています。

ほかの濃淡の組み合わせであれば、どれも問題なくまとまったかなと思いますが、今回はメリハリが柔らかに出そうなコバルトブルーとMSブルーZを選んでいます。

イエローやレッドを含めて、今回はビビッドな色を選んでいないので、ニュートラルな仕上がりになればと思っています。

次回の塗装編は、今回決めた色に沿ったサーフェイサーを塗装した後、仕上げの色を塗装していく予定です。

塗装レシピ

メモ
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォホワイト
  • GSIクレオス キャラクターホワイト
  • GSIクレオス MSホワイト
  • ガイアノーツ ニュートラルグレーⅠ
  • GSIクレオス コバルトブルー
  • GSIクレオス MSブルーZ
  • ガイアノーツ オレンジイエロー
  • ガイアノーツ ブライトレッド

塗料の比較のみに使用したものはこちらです。

  • ガイアノーツ アルティメットホワイト
  • GSIクレオス クールホワイト
  • フィニッシャーズ ファンデーションホワイト
  • フィニッシャーズ スーパーシェルホワイト
  • フィニッシャーズ スーパーファインコバルト
  • GSIクレオス MSブルー
  • GSIクレオス インディブルー
  • GSIクレオス キャラクターブルー
  • フィニッシャーズ ピュアブルー
  • ガイアノーツ サンシャインイエロー
  • ガイアノーツ 橙黄色
  • ガイアノーツ ビビットオレンジ
  • ガイアノーツ NAZCA マンダリンオレンジ

使用したツール

メモ
  • タミヤ 薄刃ニッパー(ゲートカット用)
  • ゴッドハンド アルティメットニッパー
  • スリーコインズ スライド式カトラリーケース
  • ダイソー インテリアトレイ
  • ダイソー キューティクルプッシャー
  • タミヤ フィニッシングペーパー、600・800番
  • ダイソー スポンジやすり(細目)
  • ダイソー ウッドブロック・強力スポンジ両面テープ(幅15mm)
  • ハセガワ モデリングスクライバー(けがき針)
  • スジボリ堂 BMCタガネ0.15mm
  • タミヤの瞬間接着剤・イージーサンディング
  • ハセガワのテンプレートセット1
  • ハイキューパーツ スジボリ用ガイドテープ 6mm
  • ゴッドハンド ショートパワーピンバイス
  • ゴッドハンド ドリルビット5本組B
  • ゴッドハンド スピンブレード
  • スジボリ堂 マイフレンドゆかりさん

今回の制作で使用したキット

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回は「RG νガンダムをRX93ff(GUNDAM SIDE-F限定)カラーで作る」塗装編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次