【ガンプラ全塗装】FULL MECHANICS フォビドゥンガンダムをエールカラミティカラーで作る #3 塗装編

当ページのリンクには広告が含まれています。
エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(アイキャッチ3)

ご覧いただき、ありがとうございます。

前回に続き、FULL MECHANICS フォビドゥンガンダムをエールカラミティカラーで制作していきます。

今回は塗装編となります。

この記事の内容
  • 下地の塗装(一層目のシルバーとサーフェイサー)
  • エアブラシ塗装(シャロウオーシャンブルー、ディープオーシャンブルー、スーパーシェルホワイトなど)
  • 塗装した色の組み合わせチェック

成型色の違いで仕上がりの色にバラツキが出ないよう、下地にシルバーを塗装してからサーフェイサーの塗装に進んでいくよ。

最後に軽く組み合わせて塗装した色の組み合わせをチェックしようね。

ad-1
目次

制作のモチーフ・使用するキット・塗装イメージ

制作のモチーフ

制作のモチーフは、プレミアムバンダイ限定で発売されているFULL MECHANICS エールカラミティガンダムです。

控えめなトーンのライトブルーをベースに、ネイビー、ホワイトに近いライトグレーなどが組み合わされた塗り分けになっています。

もう一つのモチーフは、航空自衛隊の戦闘機 三菱F-2です。

こちらの塗装は海上などでの視認性を下げる洋上迷彩になっていて、エールカラミティと同じように、ライトブルー、ネイビー、ライトグレーが組み合わされた塗装になっています。

今回の制作では迷彩塗装はしませんが、色の参考にするつもりです。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダムのモチーフ(F-2戦闘機)

上の画像は、フリー写真素材サイト写真ACのものを使用しています。

使用するキット

使用するキットは、2023年8月11日に発売されたFULL MECHANICS 1/100 フォビドゥンガンダム(今回の記事ではフォビドゥンと呼びます)です。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(仮組みレビュー3)

設定ではライトグリーンがメインカラーになっていますが、エールカラミティやF-2戦闘機を参考に、ライトブルーベースで塗装します。

機動戦士ガンダムSEEDのアニメでは、洋上でフリーダムやジャスティスと戦うシーンがあったので、ブルー系で塗装される可能性もあったかな、という想定で制作してみます。

また、フォビドゥンの派生型として、水中型のフォビドゥンヴォーテクスなどもあるようなので、それも参考にしようと思います。

塗装イメージ

エールカラミティガンダムを参考に、ライトブルーとネイビーの塗り分けや、色の割合を決めています。

フォルムが違うので同じように配置しにくいホワイトに近いライトグレーは、両腕や脚もとなどにバランスよくなるよう配置しています。

レッドは、エールカラミティと同じく、スカートや武器の差し色に使っています。

足元のライトグレーやレッドの配置は、派生型のフォビドゥンヴォーテクスも参考にしています。

フォビドゥンの内部フレームは明るめのグレーですが、モチーフにあわせてダークグレーに変更しています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(仮組み37)
塗り分けが完成した塗装イメージ

塗装イメージの作成手順は、下記の記事に詳しく掲載しています。

ツールと塗料のまとめ記事

FULL MECHANICS フォビドゥンガンダム(エールカラミティカラー)の制作で使用したツールと塗料は下記の記事にまとめています。

下地にシルバーを塗装して成型色の違いを目立たなくする

今回の塗装では、ブラック、グレー、レッド、イエロー、ライトグリーン、ダークグリーンの成型色からライトブルーやホワイトに塗装するパーツがたくさんあります。

塗装する色はどちらも明るい色なので、成型色の色を隠蔽し、仕上がりの色を揃えるために、ライトブルー、ホワイトを塗装するパーツには、サーフェイサーの前にシルバーを塗装します。

シルバーには、ガイアノーツのEx- シルバーを使っているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(シルバーの塗装1)
成型色が異なるホワイトで塗装するパーツ

シルバーを塗装すると、成型色の違いは全くわからなくなっています。

MG Zガンダム Ver.Kaの塗装でうまくいったから、同じやり方を踏襲しているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(シルバーの塗装2)
Ex- シルバーで成型色を隠蔽したパーツ

サーフェイサーを塗装する

サーフェイサーは、ガイアノーツのサーフェイサーを使用しています。

ホワイト

ライトブルーとホワイトで塗装するパーツは、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォホワイトを塗装しています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(サーフェイサー2)
ライトブルーで塗装するパーツ

サーフェイサーを塗装してみても、成型色の違いはわからなくなっているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(サーフェイサー1)
ホワイトで塗装するパーツ

スカイブルー

ネイビーで塗装するパーツは、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォスカイブルーを塗装しています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(サーフェイサー3)
ネイビーで塗装するパーツ

ピンク

レッドで塗装するパーツは、ガイアノーツのNAZCAピンクサフを塗装しています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(サーフェイサー5)
レッドで塗装するパーツ

ブラック

武器などのブラックやシルバーで塗装するパーツは、ガイアノーツのサーフェイサー・エヴォブラックを塗装しています。

ニーズヘグの刃やバーニアはシルバー、ツインアイはメタリックレッドで塗装するつもりだよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(サーフェイサー4)
シルバーなどで塗装するパーツ

メカサフ・スーパーヘヴィ

内部フレームのパーツは、ガイアノーツのメカサフ・スーパーヘヴィを塗装しています。

スカートの裏側やボディのスリットから見える部分、機関砲の部分などを忘れずに塗装しているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(サーフェイサー7)

バックパックの裏側のパーツもブラックやライトグレーから濃いめのメカサフ・スーパーヘヴィに塗り替えているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(サーフェイサー6)
[quads id=2]

塗装する色の組み合わせ

ホワイトの塗料を比較し、色の相性をチェックした結果、今回のFULL MECHANICS フォビドゥンガンダムの塗装には、次の色を使用します。

使用した塗料のリスト
  • ライトブルー GSIクレオス シャロウオーシャンブルー
  • ネイビー GSIクレオス ディープオーシャンブルー
  • ホワイト フィニッシャーズ スーパーシェルホワイト
  • レッド GSIクレオス スーパーイタリアンレッド(オレンジを感じる明るめのレッド)
  • 武器 ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック、Ex- シルバー→フレームメタリック2など
  • 内部フレーム ガイアノーツ メカサフ・スーパーヘヴィ
エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(塗料の比較6)

塗装する色は、前回の#2塗装準備編で、塗料を比較してから決めています。

エアブラシで塗装する

ライトブルー

ライトブルーは、GSIクレオスのシャロウオーシャンブルーを塗装しています。

シャロウオーシャンブルーは、雨の日の海のような少し暗めのライトブルーだよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(シャロウオーシャンブルー)
シャロウオーシャンブルー

ネイビー

ネイビーは、GSIクレオスのディープオーシャンブルーを塗装しています。

ディープオーシャンブルーの名前のとおり、光があまり届かない海のようなくすんだ色合いのネイビーだよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(ディープオーシャンブルー)
ディープオーシャンブルー

ホワイト

ホワイトは、フィニッシャーズのスーパーシェルホワイトを塗装しています。

スーパーシェルホワイトは、わずかにグレーが入っていて落ち着いた色になっているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(スーパーシェルホワイト)
スーパーシェルホワイト

レッド

レッドは、GSIクレオスのスーパーイタリアンレッドを塗装しています。

スーパーイタリアンレッドは、少し朱色を感じる色合いになっているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(スーパーイタリアンレッド)
スーパーイタリアンレッド

シルバー

ニーズヘグやバーニアの部分は、ガイアノーツのフレームメタリック2を塗装しています。

武器のシルバーはEx- シルバーで塗装するつもりだったけど、メタリック寄りのフレームメタリック2に変えているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(フレームメタリック2-1)
フレームメタリック2

フレームメタリック2はキメの細かいメタリックで、わずかにパープルが反射する色になっているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(フレームメタリック2-2)
バーニアのパーツ

エアブラシ塗装に使用するツール

エアブラシのハンドピースは、GSIクレオスのプロコンBOY・ダブルアクションエアブラシ・0.3mmを使用しています。

エアブラシの塗装では、塗料と溶剤の比率を1:1.5程度にしていることが多いので、ガンプラの制作では、ほぼこのハンドピースだけで塗装をしています。

コンプレッサーの圧力を調整することで、メタリックカラーやサーフェイサーの塗装も問題なく対応可能です。

コンプレッサーは、タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーを使用しています。

タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーは、出力が高いので、サーフェイサーや粒子の粗いメタリックカラーなどを均一に塗装できます。

また、夏季の湿度の高い時期など、こまめに水抜きをする必要があるので、水抜きが簡単にできるのも助かります。

ハンドピース、コンプレッサー以外の塗装環境は、下記の記事に詳しく掲載しています。

塗装した色の組み合わせをチェックする

全パーツの塗装が完了したので、軽く組み合わせて色の組み合わせをチェックしています。

ほぼ塗装イメージや塗料比較の想定どおりに仕上がっていると思います。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(色の組み合わせチェック1)
ボディ
エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(色の組み合わせチェック3)
サイドスカート
エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(色の組み合わせチェック2)

バーニアは、カウルの部分をディープオーシャンブルー、ノズルの部分をフレームメタリック2の組み合わせにしています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(色の組み合わせチェック4)
バーニア
ad-1

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

今回のふりかえり

今回の塗装のポイントは、ブラック、グレー、レッド、イエロー、ライトグリーン、ダークグリーンの成型色を隠蔽し、仕上がりの色を揃えるところにあります。

ホワイトのサーフェイサーをいきなり塗装すると、どうしても仕上がりの色に差を感じてしまいます。

シルバーのサーフェイサーを使ったこともありましたが、成型色は隠れるものの、ホワイトなどの発色が今一つで、どちらのやり方も満足できませんでした。

他に上手なやり方もあると思いますし、工程も一つ増えるのですが、Zガンダム Ver.Kaの発色がよかったので、同じやり方を選んでいます。

ホワイトのサーフェイサーを塗装してみると、成型色の違いはわからなくなったので、仕上がりの色に支障ない下地の処理ができたと思います。

サーフェイサーの工程では、シャロウオーシャンブルーには、ホワイトを使っています。

ブルー系の塗料には、いつもスカイブルーを使っていますが、サーフェイサーの色とシャロウオーシャンブルーの色合いが近いので、塗りムラを見つけやすくするためにホワイトを使用しています。

塗装を終えてみると、概ね当初のイメージどおりの仕上がりになっています。

シャロウオーシャンブルーとディープオーシャンブルーは、どちらも少しくすんだような色合いで、兵器っぽさに繋がっていると思います。

ニーズヘグのシルバーは、キメが細かく少し暗めのフレームメタリック2に直前で変更しました。

暗めで少しパープルが反射する色合いなので、禍々しい雰囲気になることを狙っています。

軽く組み合わせてみると今のところよくまとまっていると思いますが、次回はマスキングなどでもう少し細かく色を塗り分けていく予定です。

あわせて読みたい

塗装レシピ

メモ
  • GSIクレオス シャロウオーシャンブルー
  • GSIクレオス ディープオーシャンブルー
  • フィニッシャーズ スーパーシェルホワイト
  • ガイアノーツ Ex- シルバー
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォホワイト
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォライトブルー
  • ガイアノーツ NAZCAピンクサフ
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • GSIクレオス スーパーイタリアンレッド
  • ガイアノーツ フレームメタリック2

塗料の比較のみに使用したものはこちらです。

  • ガイアノーツ アルティメットホワイト
  • GSIクレオス レドームグレー
  • GSIクレオス ブルーFS35622

使用したツール

メモ
  • ゴッドハンド 片刃ニッパーST
  • ゴッドハンド アルティメットニッパー
  • スリーコインズ スライド式カトラリーケース
  • 機動戦士ガンダムペンサンダー
  • タミヤ フィニッシングペーパー、600・800番
  • ダイソー ウッドブロック・強力スポンジ両面テープ(幅15mm)
  • ダイソー スポンジやすり(細目)
  • ゴッドハンド ショートパワーピンバイス
  • ゴッドハンド ドリルビット5本組B
  • ゴッドハンド スピンブレード

今回の制作で使用したキット

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回は「FULL MECHANICS フォビドゥンガンダムをエールカラミティカラーで作る」仕上げ編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次