FULL MECHANICS ガンダムエアリアルをリサーキュレーションカラー・ブルーで作る #6 ツール・塗料まとめ編

当ページのリンクには広告が含まれています。
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(アイキャッチ6)

ご覧いただき、ありがとうございます。

今回の記事は、「FULL MECHANICS ガンダムエアリアルをリサーキュレーションカラー・ブルーで作る」記事の中で使用したツール、塗料をまとめて掲載しています。

また、制作の過程でポイントになった部分は、使用したツールや手順を画像を交えて詳しく掲載しています。

仮組みや塗装の工程ごとに、使用したツールや塗料などをまとめているよ。

FULL MECHANICS ガンダムエアリアル(リサーキュレーションカラー・ブルー)制作記事へのリンクを設定しているので、あわせて見てみてね。

目次

使用したキットと制作のモチーフ

使用したキット

使用するキットは、2023年4月22日に発売されたFULL MECHANICS 1/100 ガンダムエアリアルです。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(仮組みレビュー7)

制作のモチーフ

制作のモチーフは、2023年10月に開催されたイベント、GUNDAM NEXT FUTURE限定で発売されたHG 1/144 ガンダムエアリアル(リサーキュレーションカラー・ネオンブルー)です。

ブラックの成型色をベースに、ネオンブルーの成型色が組み合わされた、スタイリッシュなカラーリングになっています。

通常版のHG ガンダムエアリアルは、ガンダムルブリスカラーで制作していますので、あわせてご覧いただけるとうれしいです。

仮組み編

仮組み編で使用したツール

使用したツールのリスト
  • ゴッドハンド 片刃ニッパーST
  • ゴッドハンド アルティメットニッパー

アルティメットニッパー

ランナーからの切り出しには、ゴッドハンドの片刃ニッパーSTを使用し、ゴッドハンドのアルティメットニッパーでゲートを二度切りしています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(仮組み1)
ゲートカット直後

アルティメットニッパーは、ゲート跡を「押し潰す」のではなく、「スッと切る」感覚で、ゲート跡がほとんど目立たなくなります。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(仮組み2)
二度切り後

百均ツール

仮組みと塗装前の加工に使用した百均ツールは、下記の記事にまとめています。

仮組み編の記事

塗装準備編

塗装イメージの作成

塗装イメージは、SengaChan(iOS版のみ)とibisPaintXというアプリを使用して作成しています(どちらも無料でインストール可能)。

ご紹介するアプリは、自己責任でインストール、ご使用ください。当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねます。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗装イメージ1)
SengaChanで抽出した線画
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗装イメージ3)
塗り分けが完了した塗装イメージ

塗装イメージの作成手順は、下記の記事に詳しく掲載しています。

塗り分けのポイント

ブルーを塗装する部分は、モチーフのHG 1/144 ガンダムエアリアル(リサーキュレーションカラー・ネオンブルー)を踏襲しています。

ボディカラーのブラックは、一部を濃度の異なるブラック、またはガンメタ系の色と塗り分けて、単調にならないよう工夫しています。

ブルーは、HG 1/144 ガンダムエアリアル(リサーキュレーションカラー・ネオンブルー)よりも深みのある色を使います。

塗料の比較に使用した塗料(ブラック系のサブカラー)

塗装する前に、ブラック系のサブカラーの塗料比較をしています。

比較に用意した塗料
  • GSIクレオス ロシアンエアクラフトブルー(2)
  • GSIクレオス LASCIVUS Aura 濡烏
  • ガイアノーツ ヘキサカラー ヘキサブラック
  • ガイアノーツ 勇者カラー ブレイブブラック
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗料比較2)

塗料の比較に使用した塗料(ガンメタ系のサブカラー)

塗装する前に、ガンメタ系のサブカラーの塗料比較をしています。

比較に用意した塗料
  • GSIクレオス 黒鉄色
  • GSIクレオス ガンメタル
  • ガイアノーツ スターブライトアイアン
  • GSIクレオス GXメタルブラック
  • タミヤ メタリックブラック
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗料比較3)

用意した塗料(ブルー)

塗装する前に、ブルーのサブカラーの塗料比較をしています。

比較に用意した塗料
  • GSIクレオス クリスタルカラー サファイアブルー
  • ガイアノーツ プライマリーメタリックブルー
  • ガイアノーツ クリアーブルー
  • GSIクレオス GXディープクリアーブルー
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗料比較4)

塗装準備編の記事

塗装編

サーフェイサー

使用したサーフェイサーのリスト
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォ(グレー)
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • ガイアノーツ メカサフ・スーパーヘヴィ
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(サーフェイサー1)
成型色がホワイトとブルー(画像の青枠)のパーツ
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(サーフェイサー2)
画像の上段はメタルブラック、下段はブルーを塗装するパーツ

サーフェイサーは、ガイアノーツのものを使用しています。

エアブラシ塗装に使用するツール

エアブラシのハンドピースは、GSIクレオスのプロコンBOY・ダブルアクションエアブラシ・0.3mmを使用しています。

エアブラシの塗装では、塗料と溶剤の比率を1:1.5程度にしていることが多いので、ガンプラの制作では、ほぼこのハンドピースだけで塗装をしています。

コンプレッサーの圧力を調整することで、メタリックカラーやサーフェイサーの塗装も問題なく対応可能です。

コンプレッサーは、タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーを使用しています。

タミヤのスプレーワークパワーコンプレッサーは、出力が高いので、サーフェイサーや粒子の粗いメタリックカラーなどを均一に塗装できます。

また、夏季の湿度の高い時期など、こまめに水抜きをする必要があるので、水抜きが簡単にできるのも助かります。

ハンドピース、コンプレッサー以外の塗装環境は、下記の記事に詳しく掲載しています。

塗装に使用した色

ブラック、ガンメタ、ブルーの塗料を比較した結果、今回のFULL MECHANICS ガンダムエアリアルの塗装には、次の色を使用します。

使用した塗料のリスト
  • メインカラー ガイアノーツ Ex- ブラック
  • サブカラー タミヤ・メタリックブラック
  • ブルー GSIクレオス・GXディープクリアーブルー(下地はGSIクレオスのGXラフシルバー)
  • フレーム ガイアノーツ メカサフ・スーパーヘヴィ
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗料比較9)

Ex- ブラック

ボディのメインカラーのブラックは、ガイアノーツのEx- ブラックを塗装しています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗装2)
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥616 (2024/07/11 16:30時点 | Amazon調べ)

メタリックブラック

ボディのサブカラーのメタリックは、タミヤのメタリックブラックを塗装しています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗装4)

GXラフシルバー

GXディープクリアーブルーの下地には、GSIクレオスのGXラフシルバーを塗装しています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗装1)

GXディープクリアーブルー

ブルーは、GSIクレオスのGXディープクリアーブルーを塗装しています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗装3)
GSI クレオス(GSI Creos)
¥459 (2024/01/30 22:09時点 | Amazon調べ)

メカサフ・スーパーヘヴィ

肩や腕の関節など、内部フレームのパーツは、ガイアノーツのメカサフ・スーパーヘヴィを塗装し、そのまま仕上げの色にします(フラット仕上げ)。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗装6)

塗装編の記事

仕上げ編

仕上げ編で使用したツールと塗料

使用したツール・塗料のリスト
  • ホビージャパン HJモデラーズデカール コーションA ミラーシルバー
  • ホビージャパン HJモデラーズデカール マーキング01 ミラーシルバー
  • タミヤ モデリングワックス
  • タミヤ エナメル塗料・ガンメタル
  • タミヤ スミ入れ塗料・ブラック
  • ガイアノーツ Ex- クリアー

エナメル塗料・スミ入れ塗料

細かい部分の筆塗り、スミ入れに使用しています。

脚の関節の動力パイプ状のパーツ、頭部のバルカンなどは、タミヤのエナメル塗料・ガンメタルで塗り分けています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(筆塗り2)
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(筆塗り3)

メタリックブラックで塗装したパーツのモールドは、タミヤのスミ入れ塗料・ブラックでメリハリをつけています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(スミ入れ)

デカール

使用したデカールは、ホビージャパン HJモデラーズデカール コーションA ミラーシルバーホビージャパン HJモデラーズデカール マーキング01 ミラーシルバーの2種類です。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(デカール1)
ホビージャパン HJモデラーズデカール コーションA ミラーシルバーを貼ったパーツ
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(デカール2)
ホビージャパン HJモデラーズデカール マーキング01 ミラーシルバーを貼ったパーツ

百均ツール(ビーズ・ラインストーンシール)

仕上げの段階で使用した百均ツールは、下記の記事にまとめています。

円形モールドに取り付けた百均(ダイソー)のシードビーズ、ラインストーンシールは、他の制作でも使用しています。

ガイアノーツ・トップコート

トップコートは、ガイアノーツのEx- クリアーを塗装しています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(トップコート)
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥591 (2024/07/07 13:36時点 | Amazon調べ)

モデリングワックス

トップコートが乾燥したら、タミヤのモデリングワックスで磨いて、さらにツヤを出しています。

モデリングワックスで磨くと、さらに透明感のある濡れたような艶のある仕上がりになります。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(ワックス1)
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(ワックス2)

仕上げ編の記事

完成編

完成画像

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(完成レビュー9)

完成編の記事

各記事へのリンク

最後に、各記事へのリンクを設定しています。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次