FULL MECHANICS フォビドゥンガンダムをエールカラミティカラーで作る #4 仕上げ編

当ページのリンクには広告が含まれています。
エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(アイキャッチ4)

ご覧いただき、ありがとうございます。

前回に続き、FULL MECHANICS フォビドゥンガンダムをエールカラミティカラーで制作していきます。

今回は仕上げ編となります。

この記事の内容
  • マスキング(ブルーとネイビー、ホワイトとレッド)
  • 水転写式デカールの貼り付け
  • メタルパーツの取り付けなどの細かい仕上げ

まずマスキングで色分けを追加してから、別売りの水転写式デカールを使ってドレスアップしていくよ。

トップコートの仕上がりなどこまめにチェックしながら作業を進めようね。

目次

制作のモチーフ・使用するキット・塗装イメージ

制作のモチーフ

制作のモチーフは、プレミアムバンダイ限定で発売されているFULL MECHANICS エールカラミティガンダムです。

控えめなトーンのライトブルーをベースに、ネイビー、ホワイトに近いライトグレーなどが組み合わされた塗り分けになっています。

もう一つのモチーフは、航空自衛隊の戦闘機 三菱F-2です。

こちらの塗装は海上などでの視認性を下げる洋上迷彩になっていて、エールカラミティと同じように、ライトブルー、ネイビー、ライトグレーが組み合わされた塗装になっています。

今回の制作では迷彩塗装はしませんが、色の参考にするつもりです。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダムのモチーフ(F-2戦闘機)

上の画像は、フリー写真素材サイト写真ACのものを使用しています。

使用するキット

使用するキットは、2023年8月11日に発売されたFULL MECHANICS 1/100 フォビドゥンガンダム(今回の記事ではフォビドゥンと呼びます)です。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(仮組みレビュー3)

設定ではライトグリーンがメインカラーになっていますが、エールカラミティやF-2戦闘機を参考に、ライトブルーベースで塗装します。

機動戦士ガンダムSEEDのアニメでは、洋上でフリーダムやジャスティスと戦うシーンがあったので、ブルー系で塗装される可能性もあったかな、という想定で制作してみます。

また、フォビドゥンの派生型として、水中型のフォビドゥンヴォーテクスなどもあるようなので、それも参考にしようと思います。

塗装イメージ

エールカラミティガンダムを参考に、ライトブルーとネイビーの塗り分けや、色の割合を決めています。

フォルムが違うので同じように配置しにくいホワイトに近いライトグレーは、両腕や脚もとなどにバランスよくなるよう配置しています。

レッドは、エールカラミティと同じく、スカートや武器の差し色に使っています。

足元のライトグレーやレッドの配置は、派生型のフォビドゥンヴォーテクスも参考にしています。

フォビドゥンの内部フレームは明るめのグレーですが、モチーフにあわせてダークグレーに変更しています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(仮組み37)
塗り分けが完成した塗装イメージ

塗装イメージの作成手順は、下記の記事に詳しく掲載しています。

ツールと塗料のまとめ記事

FULL MECHANICS フォビドゥンガンダム(エールカラミティカラー)の制作で使用したツールと塗料は下記の記事にまとめています。

マスキングで塗り分ける

ブルーとネイビー

バックパックと両サイドのシールドをシャロウオーシャンブルーとディープオーシャンブルーで塗り分けています。

どちらも外周をシャロウオーシャンブルー、中央部をディープオーシャンブルーの塗り分けにしているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(マスキング1)

ホワイトとレッド

脚のすねの部分(内部フレーム)は、メカサフ・スーパーヘヴィ、スーパーシェルホワイト、スーパーイタリアンレッドで塗り分けています。

塗装はメカサフ、マスキングしてホワイト、マスキングしてレッドの順に進めているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(マスキング2)

装甲のパーツと組み合わせると、塗装イメージどおりの色分けになっています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(マスキング3)

細かい部分を塗装する(筆塗り・スミ入れ)

ブラック

ブルーとネイビーのパーツは、タミヤのエナメル塗料・ブラック(筆塗り)と、タミヤのスミ入れ塗料・ブラック(スミ入れ)で塗装しています。

先ほどのすねの部分などのレッドのパーツもブラックで色を入れているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(筆塗り・スミ入れ1)

グレー

ホワイトのパーツは、タミヤのエナメル塗料・ニュートラルグレイ(筆塗り)タミヤのスミ入れ塗料・ダークグレー(スミ入れ)で塗装しています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(筆塗り・スミ入れ3)

レッド

両肩のホワイトで塗装したパーツは、内側をタミヤのエナメル塗料・レッド(筆塗り)で塗装しています。

頭部や脚部、バックパックなどにレッドの部分があるので、色のバランスがよくなるよう、肩にレッドを入れているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(筆塗り・スミ入れ2)

デカールを貼る

使用したデカール

デカールは主に次の4つを使用し、他にはZガンダム Ver.Ka付属のデカールで余っていたものを活用しています。

使用したデカールのリスト
  • ガンダムデカールDX 03 ガンダムSEEDシリーズ用
  • ガンダムデカール No.18 SEEDモビルスーツ用①
  • 30MINUITES MISSIONS 水転写式デカール 汎用②
  • HJモデラーズデカール コーションA(ホワイト)

デカールを貼ったパーツ

ホワイトとブルーのシールドのパーツには、ガンダムデカール No.18 SEEDモビルスーツ用①のロゴマークを貼っています。

両肩の機体番号とロゴマークは、ガンダムデカールDX 03 ガンダムSEEDシリーズ用のものを貼っているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(デカール3)
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥1,463 (2024/02/03 15:21時点 | Amazon調べ)

ガンダムデカールDX 03 ガンダムSEEDシリーズ用のデカールを2枚使用して、対になる脚部の両側などに貼っているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(デカール2)

ロゴマーク以外のコーションは、30MINUITES MISSIONS 水転写式デカール 汎用②HJモデラーズデカール コーションA(ホワイト)に加えて、余っていたデカールを組み合わせています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(デカール1)
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥550 (2024/07/07 21:06時点 | Amazon調べ)

トップコートを塗装する

Ex- フラットクリアー プレミアム

トップコートは、ガイアノーツのEx- フラットクリアー プレミアムを塗装しています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(トップコート1)

半光沢に近い、少ししっとり目の仕上がりにしているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(トップコート2)

仕上がりのチェック

少し組み立てて、仕上がりをチェックしています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(トップコート4)

ホワイトがアクセントになっていて、コーションデカールもバランスよく配置できているね。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(トップコート3)

ブルーとレッドの組み合わせもよいアクセントになっているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(トップコート6)

レッドのコーションデカールはホワイトのボディによく映えているね。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(トップコート7)

ツインアイ・メタルパーツなどを仕上げる

ツインアイ

ツインアイとバックパックのクリアパーツは、ガイアノーツのプライマリーメタリックレッドで塗装しています。

ツインアイの色は、ボディのアクセントカラーのレッドに合わせて、メタリックレッドを選んでいるよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(トップコート8)

メタルパーツ

メタルパーツは、2.0mmのモールドにウェーブのベーシックエッチング丸③、1.5mmのモールドにハイキューパーツのジーレップ01を取り付けています。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(メタルパーツ2)
ベーシックエッチング丸③を取り付けた両肩のアーマー

脚部はふくらはぎの後ろ側に2.0mm、足元に1.5mmの両方を取り付けているよ。

エールカラミティカラーの全塗装で制作するフルメカニクス・フォビドゥンガンダム(メタルパーツ3)
ベーシックエッチング丸③とジーレップ01を取り付けた脚部

ガンプラなどの仕上げの工程でよく使用しているツールは、下記の記事にまとめています。

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

今回のふりかえり

今回はマスキング、筆塗りとスミ入れ、デカール、トップコート、細部の仕上げの順に作業を進めています。

マスキングは、バックパックやシールドなどの大ぶりのパーツが中心になりました。

面積が広いので、もっと細かく塗り分けることやZガンダム Ver.Kaのようなスプリッター迷彩にすることも考えましたが、シンプルに塗り分けています。

どちらのパーツも細かくコーションやロゴマークのデカールを貼ったので、単調にはなっていないかなと思います。

レッドはブルー系のボディの中で、アクセントになっている色なので、マスキングや筆塗りで肩や脚に色を入れて、全体のバランスがよくなるようにしています。

デカールはすべて水転写式のものを使い、キット付属のシールは使っていません。

シールには機種番号やロゴマークなど使いたいマーキングはたくさんあったのですが、余白をカットしても段差が目立ってしまったので、使用を諦めました。

ガンダムデカールにフォビドゥン用のロゴなどがたくさんあればよかったのですが、機種番号くらいしか含まれていないので、ロゴマークと一緒に肩、スカート、シールドなどの目立つ部分に配置しています。

コーションは、説明書のシールガイドを参考に、30MINUITES MISSIONS 水転写式デカール 汎用②とHJモデラーズデカール コーションA(ホワイト)、余っていたデカールを組み合わせています。

今回のトップコートには、Zガンダム Ver.Kaで仕上がりがよかったEx- フラットクリアー プレミアムを使いました。

Ex- フラットクリアー プレミアムは、1/100スケールで大ぶりなキットのほうが、滑らかな仕上がりに差が出やすく感じます。

トップコートの仕上がりは、希釈の割合を薄めにして、半光沢に近い、しっとりしたツヤの残った状態にしています。

少し組み立ててみると、ブルー、ネイビー、ホワイトのフレッシュな色の組み合わせに、レッドがワンポイントになって、ほぼ塗装イメージのとおりに仕上がりました。

最後にメタルパーツを取り付けましたが、一つ一つのパーツが大きいので、よいアクセントになっています。

次回は最終組み立てから完成レビュー、ポージングまで進めていきます。

あわせて読みたい

塗装レシピ

メモ
  • GSIクレオス シャロウオーシャンブルー
  • GSIクレオス ディープオーシャンブルー
  • フィニッシャーズ スーパーシェルホワイト
  • ガイアノーツ Ex- シルバー
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォホワイト
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォライトブルー
  • ガイアノーツ NAZCAピンクサフ
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • ガイアノーツ Ex- フラットクリアー プレミアム
  • タミヤ エナメル塗料・ブラック
  • タミヤ スミ入れ塗料・ブラック
  • タミヤ エナメル塗料・ニュートラルグレイ
  • タミヤ スミ入れ塗料・ダークグレー
  • タミヤ エナメル塗料・レッド
  • ガイアノーツ プライマリーメタリックレッド

塗料の比較のみに使用したものはこちらです。

  • ガイアノーツ アルティメットホワイト
  • GSIクレオス レドームグレー
  • GSIクレオス ブルーFS35622

使用したツール

メモ
  • ゴッドハンド 片刃ニッパーST
  • ゴッドハンド アルティメットニッパー
  • スリーコインズ スライド式カトラリーケース
  • 機動戦士ガンダムペンサンダー
  • タミヤ フィニッシングペーパー、600・800番
  • ダイソー ウッドブロック・強力スポンジ両面テープ(幅15mm)
  • ダイソー スポンジやすり(細目)
  • ゴッドハンド ショートパワーピンバイス
  • ゴッドハンド ドリルビット5本組B
  • ゴッドハンド スピンブレード
  • ガンダムデカールDX 03 ガンダムSEEDシリーズ用
  • ガンダムデカール No.18 SEEDモビルスーツ用①
  • 30MINUITES MISSIONS 水転写式デカール 汎用②
  • HJモデラーズデカール コーションA(ホワイト)
  • ウェーブ ベーシックエッチング丸③
  • ハイキューパーツ ジーレップ01

今回の制作で使用したキット

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回はFULL MECHANICS フォビドゥンガンダムをエールカラミティカラーで作る」完成編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次