FULL MECHANICS ガンダムエアリアルをリサーキュレーションカラー・ブルーで作る #4 仕上げ編

当ページのリンクには広告が含まれています。
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(アイキャッチ4)

ご覧いただき、ありがとうございます。

前回に続き、FULL MECHANICS ガンダムエアリアルをリサーキュレーションカラー・ブルーで制作していきます。

今回は仕上げ編となります。

この記事の内容
  • 細かい塗装(マスキング・スミ入れ)
  • デカールの貼り付け
  • ツヤ出し(トップコートとモデリングワックス)

今回の行程は、ボディのツヤ出しをメインに進めていくよ。

スミ入れやデカールはボディのツヤの邪魔にならない程度に留めてみようね。

目次

制作のモチーフと使用するキット

制作のモチーフ

制作のモチーフは、2023年10月に開催されたイベント、GUNDAM NEXT FUTURE限定で発売されたHG 1/144 ガンダムエアリアル(リサーキュレーションカラー・ネオンブルー)です。

ブラックの成型色をベースに、ネオンブルーの成型色が組み合わされた、スタイリッシュなカラーリングになっています。

通常版のHG ガンダムエアリアルは、ガンダムルブリスカラーで制作していますので、あわせてご覧いただけるとうれしいです。

使用するキット

使用するキットは、2023年4月22日に発売されたFULL MECHANICS 1/100 ガンダムエアリアルです。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(仮組みレビュー7)

塗装イメージと関連記事

塗装イメージと塗り分けのポイント

ブルーを塗装する部分は、モチーフのHG 1/144 ガンダムエアリアル(リサーキュレーションカラー・ネオンブルー)を踏襲しています。

ボディカラーのブラックは、一部を濃度の異なるブラック、またはガンメタ系の色と塗り分けて、単調にならないよう工夫しています。

ブルーは、HG 1/144 ガンダムエアリアル(リサーキュレーションカラー・ネオンブルー)よりも深みのある色を使います。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗装イメージ3)
塗り分けが完了した塗装イメージ

塗装イメージの作成手順は、下記の記事に詳しく掲載しています。

使用したツールと塗料のまとめ記事

FULL MECHANICS ガンダムエアリアル(リサーキュレーションカラー・ブルー)の制作で使用したツールと塗料は下記の記事にまとめています。

マスキングで塗り分ける

ブラックの部分と素材の違いのようなメリハリを出すために、脚部の一部をタミヤのメタリックブラックで塗り分けています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(マスキング)

細かい部分を塗装する(筆塗り)

脚の関節の動力パイプ状のパーツは、タミヤのエナメル塗料・ガンメタルで塗り分けています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(筆塗り2)

ボディの内部フレームのうち、外から見える部分もガンメタルで塗り分けているよ。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(筆塗り1)

頭部のバルカンもガンメタルで塗装しているよ。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(筆塗り3)

スミ入れをする

メタリックブラックで塗装したパーツのモールドは、タミヤのスミ入れ塗料・ブラックでメリハリをつけています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(スミ入れ)

デカールを貼る

使用したデカールは、ホビージャパン HJモデラーズデカール コーションA ミラーシルバーホビージャパン HJモデラーズデカール マーキング01 ミラーシルバーの2種類です。

今回のガンダムエアリアルは、ブラックのツヤをメインにしたいので、デカールの使用は少なめにしているよ。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(デカール1)
ホビージャパン HJモデラーズデカール コーションA ミラーシルバーを貼ったパーツ
全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(デカール2)
ホビージャパン HJモデラーズデカール マーキング01 ミラーシルバーを貼ったパーツ

ボディのツヤを出す

トップコート

トップコートは、ガイアノーツのEx- クリアーを塗装しています。

メカサフ・スーパーヘヴィを塗装した関節などのパーツは、トップコートを省略し、フラット(ツヤ消し)仕上げにするよ。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(トップコート)
ガイアノーツ(Gaianotes)
¥591 (2024/07/07 13:36時点 | Amazon調べ)

ボディがツヤあり、内部フレームがツヤ消しだから、メリハリが出るね。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(塗装9)

トップコートは、ガイアノーツのものを使用しています。

モデリングワックス

トップコートが乾燥したら、タミヤのモデリングワックスで磨いて、さらにツヤを出しています。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(ワックス1)

ブラックはしっとり濡れたようなツヤが出ているね。

全塗装リサーキュレーションカラー・ブルーで制作するHFULL MECHANICSガンダムエアリアル(ワックス2)

ガンプラなどの仕上げの工程でよく使用しているツールは、下記の記事にまとめています。

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

今回のふりかえり

今回の仕上げの工程は、ブラックのボディのツヤをキレイに出すことをメインに考え、スミ入れやデカールなどは最小限にしています。

デカールはボディのツヤの邪魔にならなそうなミラーシルバーのものを選び、貼り付ける部分はアクセントになるブラックのパーツのみに留めました。

スミ入れもメタリックブラックのパーツのみでブルーの部分は手を付けず、明るく光っているような状態の再現を目指しています。

肝心のツヤは深みのあるブラックの中にキレイに出ていると思います。

今のところ、パーツ単位ではキレイなツヤが出て想定どおりに仕上がっているので、組み立てたときにブラックとメタリックブラック、ブルーの組み合わせがどのように仕上がるか、楽しみにしています。

塗装レシピ

メモ
  • ガイアノーツ Ex- ブラック
  • タミヤ メタリックブラック
  • GSIクレオス GXラフシルバー
  • GSIクレオス GXディープクリアーブルー
  • ガイアノーツ メカサフ・スーパーヘヴィ
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォ(グレー)
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • タミヤ エナメル塗料・ガンメタル
  • タミヤ スミ入れ塗料・ブラック
  • ガイアノーツ Ex- クリアー

塗料の比較のみに使用したものはこちらです。

  • ガイアノーツ プリズムブルーブラック
  • GSIクレオス ロシアンエアクラフトブルー(2)
  • GSIクレオス LASCIVUS Aura 濡烏
  • ガイアノーツ ヘキサカラー ヘキサブラック
  • ガイアノーツ 勇者カラー ブレイブブラック
  • GSIクレオス 黒鉄色
  • GSIクレオス ガンメタル
  • ガイアノーツ スターブライトアイアン
  • GSIクレオス GXメタルブラック
  • ガイアノーツ フレームメタリック1+スモークグレー
  • ガイアノーツ フレームメタリック2+スモークグレー
  • GSIクレオス クリスタルカラー サファイアブルー
  • ガイアノーツ プライマリーメタリックブルー
  • ガイアノーツ クリアーブルー

使用したツール

メモ
  • ゴッドハンド 片刃ニッパーST
  • ゴッドハンド アルティメットニッパー
  • スリーコインズ スライド式カトラリーケース
  • タミヤ フィニッシングペーパー、600・800番
  • ダイソー ウッドブロック・強力スポンジ両面テープ(幅15mm)
  • ダイソー スポンジやすり(細目)
  • ホビージャパン HJモデラーズデカール コーションA ミラーシルバー
  • ホビージャパン HJモデラーズデカール マーキング01 ミラーシルバー
  • タミヤ モデリングワックス

今回の制作で使用したキット

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回はFULL MECHANICS ガンダムエアリアルをリサーキュレーションカラー・ブルーで作る」完成編の記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次