【ガンプラ全塗装・ガンダムSEED】MG フリーダムガンダム Ver.2.0を作る #5 完成編

当ページのリンクには広告が含まれています。
全塗装で制作するMGフリーダムガンダム制作記事#5のアイキャッチ

ご覧いただき、ありがとうございます。

前回に続き、MG フリーダムガンダム Ver.2.0を制作しています。

今回は完成編となります。

この記事の内容
  • 最終組み立て(部分ごとの組み立てと塗装やデカール、メタルパーツなどの組み合わせ)
  • 完成レビュー(フロントビュー・サイドビュー・リアビュー・トップビューと各部のアップなど)
  • ビームライフル、ビームサーベル、シールドを組み合わせたポージング

前回制作したエクリプスとほぼ同時並行で制作してきたので、作業負荷が大きかったけど、あともう少しだから、ていねいに組み立てていくよ。

今回塗装した色が組み合わされて、どんな雰囲気になるか楽しみだね。

目次

使用するキット

使用するキットは、MG 1/100 フリーダムガンダム Ver.2.0です。

全塗装で制作するMGフリーダムガンダムの仮組み・フロントビュー
BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥9,980 (2024/04/12 16:29時点 | Amazon調べ)

関連記事

使用したツールと塗料のまとめ記事

完成したMG エクリプスとMG フリーダムの比較記事

最終組み立て

仮組みの時に撮影した画像と比較しながら、最終組み立てを進めていきます(特に記載あるものを除き、画像は、左側が仮組み、右が最終組み立てのもの)。

頭部・ボディ

頭部とボディが一体になっていたエクリプスと比べ、オーソドックスな構造をしています。

顔のカメラ部分やボディのスリット部分はプライマリーメタリックブルー、ツインアイはスターブライトブラスを塗装しています。

プライマリーメタリックブルーを塗装したスリット部分は、グロス(ツヤあり)のトップコートを使っているよ。

全塗装で制作するMGフリーダムガンダムの仮組み・顔とボディ
塗装前
全塗装・MGフリーダムガンダムの頭部・ボディ
塗装後

腕部

かなり尖った形をしていたエクリプスと比べると、やわらかな印象です。

ホワイトとレッドのパーツの合間から、プライマリーメタリックブルーで塗装した部分がよく見えているよ。

全塗装で制作するMGフリーダムガンダムの仮組み・腕
塗装前
全塗装・MGフリーダムガンダムの肩・腕
塗装後

スカート

スカートの部分は、かなり細いデザインだったエクリプスと比べるとこちらもオーソドックスな形状です。

クールブルーのラインデカールとレッドのコーションを組み合わせて、アクセントにしているよ。

全塗装で制作するMGフリーダムガンダムの仮組み・腰のパーツ
塗装前
全塗装・MGフリーダムガンダムの腰のパーツ
塗装後

脚部

パーツごとの塗り分けやマスキングで塗り分けたホワイトとサブカラー(ニュートラルグレーⅠとニュートラルグレーⅡを1:1で調色した色)の組み合わせはほどよく自然に仕上がったと思っています。

2色(スターブライトアイアンとフレームメタリック2)と筆塗りのチタンゴールドで塗り分けた内部フレームは立体感が出ているよ。

全塗装・MGフリーダムガンダムの脚のパーツ
塗装後

ライフル・シールドなど

左のレールガンは、Ex- シルバーとチタンゴールド、ビームライフルはスターブライトアイアンとフレームメタリック2と、メタリック部分も塗り分けています。

全塗装・MGフリーダムガンダムのビームライフル
塗装後

シールドは、明るめのスーパーイタリアンレッドとブルーFS15044の相性を心配していましたが、特に違和感なくまとまっています。

全塗装で制作するMGフリーダムガンダムの仮組み・シールド
塗装前
全塗装・MGフリーダムガンダムのシールド
塗装後

バックパック

バックパックは、ホワイトとサブカラー(ニュートラルグレーⅠとニュートラルグレーⅡを1:1で調色した色)をマスキングで塗り分けたので、メリハリのある仕上がりになっています。

全塗装・MGフリーダムガンダムの背面ウイングユニット
フリーダム

コバルトブルーとブルーFS15044の組み合わせは、フリーダムの設定色に近い組み合わせになっています。

全塗装・MGフリーダムガンダムの背面ウイングユニット
塗装後

完成レビュー

実際の仕上がりに近くなるよう画像を調整していますが、お使いのモニター等の環境により、本文の説明と色が違うことがありますので、ご了承ください。

フロントビュー

鮮やかな色の組み合わせだったエクリプスと比べ、落ち着いた雰囲気に仕上がっています。

肩のガンダムデカール(SEEDシリーズ用)やクールブルーのラインデカールが落ち着いたホワイトとよいコントラストになっているよ。

全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・フロントビュー

同時並行で制作したMG エクリプスガンダムの完成記事は、下記のリンクからご覧ください。

バストアップ

胸部のグレーをシルバーで塗装しましたが、肩のメタルパーツとよくマッチしていると思います。

ツインアイの隈取りは少しパッチリ目になるようにゴールドの部分を大きめに塗装しているよ。

全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・バストアップ

サイドビュー・左

今回、キット付属のマーキングシールは使用しませんでしたが、背面のウイング部分は少し寂しい気がするので、使用してもよかったかなと思っています。

頭部のトップやサイド部分もホワイトとサブカラー(ニュートラルグレーⅠとニュートラルグレーⅡを1:1で調色した色)で塗り分けているよ。

全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・左サイドビュー

リアビュー

後頭部やランドセルなどのプライマリーメタリックブルーがうまくワンポイントになったので、今後の制作で似たようなパーツがあれば活かしていきたいと思っています。

全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・リアビュー

関節の動力パイプはエナメル塗料のチタンゴールドで筆塗りしているよ。

全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・リアビュー

トップビュー

ウイングの取り付け部分や肩のパーツなど、この角度から見るとまだまだ作り込みが甘いなと思っています。

全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・トップビュー

各部のアップ

コーションデカールは、ホワイトとサブカラーの部分はレッドを中心に、それ以外の部分はホワイトを貼っています。

クールブルーのラインデカールは、メリハリを出すために、サブカラーの部分は貼らずに、ニュートラルグレー1で塗装した部分にのみ貼っています。

全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・脚のアップ

足のホワイトとブルーの部分のスキマからプライマリーメタリックブルーで塗装した部分が見えるようになっているよ。

全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・脚のアップ

ウイングの左側のパーツが複製したパーツで、角が甘いですが、しっかりはまって、遠目ではわからないくらいになったので、よしとしています。

ほかのガンプラやレジン以外の素材を使って、パーツの複製に再チャレンジしようね。

全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・リアビュー

ビームライフル

ビームライフルのスコープは、クリアパーツにプライマリーメタリックブルーを塗装し、グロス(ツヤあり)のトップコートを塗装してから組み込んでいます。

全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・ビームライフル

塗装前後を比較する

概ねキット本来の色に沿って塗装していますが、ブルーやレッドに明るい色を使用したこと、ライトグレーの部分をシルバーに塗装したことで、落ち着いた雰囲気の中にも、全体的に明るい印象になりました。

2色のホワイトを使い、複数のストライプやコーションデカールを組み合わせ、スミ入れで色を入れたので、メリハリを感じる仕上がりになっています。

フロントビュー

全塗装で制作するMGフリーダムガンダムの仮組み・フロントビュー
塗装前
全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・フロントビュー
塗装後

バストアップ

全塗装で制作するMGフリーダムガンダムの仮組み・バストアップ
塗装前
全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・バストアップ
塗装後

リアビュー

全塗装で制作するMGフリーダムガンダムの仮組み・リアビュー
塗装前
全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・リアビュー
塗装後

トップビュー

全塗装で制作するMGフリーダムガンダムの仮組み・トップビュー
塗装前
全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・トップビュー
塗装後

RG ストライクフリーダム風カラーで制作したHG ∞ジャスティスと比較する

HG ∞ジャスティスと基本的な配色は同じですが、ブルーとレッドの明るさの違いでフリーダムのほうが明るい仕上がりになっています。

  • フリーダム(GSIクレオスのコバルトブルーとスーパーイタリアンレッドの組み合わせ)
  • ∞ジャスティス(GSIクレオスのMSブルーZとガイアノーツのブライトレッドの組み合わせ)
全塗装・MGフリーダムガンダムの完成レビュー・フロントビュー
フリーダム
ストライクフリーダムカラー・インフィニットジャスティス完成レビューのフロントビュー
∞ジャスティス

アクションポーズ

キットに付属しているスタンドを使用してポージングをしています。

今回の制作では、可動部分が傷つかないよう塗装前に調整していたので、ポージングが容易になりました。

全塗装・MGフリーダムガンダムのポージング・ビームライフルとシールドを構えたポーズ
全塗装・MGフリーダムガンダムのポージング・ビームライフルとシールドを構えたポーズ
全塗装・MGフリーダムガンダムのポージング・ビームサーベルとシールドを構えたポーズ
全塗装・MGフリーダムガンダムのポージング・ビームサーベルとシールドを構えたポーズ
全塗装・MGフリーダムガンダムのポージング・フルバーストモード

まとめ(ふりかえり・塗装レシピ・使用ツール)

制作全体のふりかえり

パーツ数が多く、精密なMGのエクリプスとフリーダムをほぼ同時並行で制作したため、作業負荷が大きく、パーツを紛失するなど予想外のアクシデントもあり、完成までに時間がかかりましたが、無事に完成までたどり着けてホッとしています。

塗装する色や使用するデカールを変えることで、ビビットな印象のエクリプスとは違う、落ち着いた雰囲気に仕上がったので、よかったと思っています。

一方で、細かい傷を見逃していたり、モールドの彫りが甘いところがあるなど、記事にできなかった部分で粗いところがあり、制作の各ステップで細かくチェックするなど、まだまだレベルアップが必要だと感じています。

組み立てでは、腕部や背面ユニットなどの向きに注意すれば、構造が複雑なエクリプスに比べると、スムーズに進みました。

今回の制作では、明るめのクレオス・コバルトブルーとスーパーイタリアンレッドの組み合わせで塗装しましたが、さらに明るいアイスコバルトブルーなどを使っても面白かったかなと思います。

また、ホワイトとサブカラー(ニュートラルグレーⅠとニュートラルグレーⅡを1:1で調色した色)の組み合わせも、別のホワイトやグレーなどを試してみたいと思っています。

ブルーやレッドなどの濃淡の組み合わせも試してみようと思います。

ウイングユニットのパーツは、いちばん作業の進行が厳しいときに紛失してしまい、リカバリーに苦しみましたが、パーツの複製方法を詳細に説明されている他サイトなどを参考に乗り切ることができました。

とはいえ、出来上がったパーツを細かく見るとモールドや角に甘い部分があるので、いずれほかのパーツやレジン以外の素材も使って試してみます。

今回でエクリプスとフリーダムの両方が完成したので、次回の記事では2つの機体を比較していきます。

塗装レシピ

メモ
  • GSIクレオス コバルトブルー
  • GSIクレオス ブルーFS15044
  • GSIクレオス スーパーイタリアンレッド
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォホワイト
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォスカイブルー
  • ガイアノーツ サーフェイサー・NAZCA ピンクサフ
  • ガイアノーツ サーフェイサー・エヴォブラック
  • ガイアノーツ ニュートラルグレーⅠ
  • ガイアノーツ ニュートラルグレーⅡ
  • ガイアノーツ 橙黄色
  • ガイアノーツ Ex- シルバー
  • ガイアノーツ スターブライトアイアン
  • ガイアノーツ フレームメタリック2
  • ガイアノーツ スターブライトブラス
  • ガイアノーツ プライマリーメタリックブルー
  • タミヤ エナメル塗料・ニュートラルグレー
  • タミヤ スミ入れ塗料・ダークグレー
  • タミヤ エナメル塗料・チタンゴールド
  • タミヤ エナメル塗料・ブラック
  • タミヤ スミ入れ塗料・ブラック
  • ガイアノーツ EX- フラットクリアー

塗料を比較したものの中で、エクリプスに使用した色はこちらです。

  • フィニッシャーズ ファンデーションホワイト
  • ガイアノーツ ニュートラルグレーⅠ
  • ガイアノーツ NAZCAカラー・コバルトバイオレット
  • ガイアノーツ ミッドナイトブルー
  • フィニッシャーズ ディープレッド

使用したツール

メモ
  • タミヤ 薄刃ニッパー(ゲートカット用)
  • スリーコインズ スライド式カトラリーケース
  • タミヤ フィニッシングペーパー600・800番
  • ハセガワ モデリングスクライバー(けがき針)
  • スジボリ堂 BMCタガネ0.2mm
  • ゴッドハンド ショートパワーピンバイス
  • ゴッドハンド ドリルビット5本組B
  • ゴッドハンド スピンブレード
  • プロクソン ペンサンダー
  • GMラインデカールwithコーション(クールブルー)
  • バンダイ ガンダムデカール MG No.18 SEEDモビルスーツ用1①
  • GMラインデカールwithコーション(ホワイト)
  • ホビージャパンモデラーズ セイラマスオ専用セット01(ホワイト)
  • ハイキューパーツ ジーレップ 01
  • マイナスモールドの1.5mm
  • ハイグレード模型用セメダイン
  • GSIクレオス グルー・アプリケーター
  • ダイソー おゆプラ
  • ダイソー 速乾UVレジン液 クリア・ハード

今回の制作で使用したキット

BANDAI SPIRITS(バンダイ スピリッツ)
¥9,980 (2024/04/12 16:29時点 | Amazon調べ)

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

次回は「MG エクリプスガンダムとMG フリーダムガンダム Ver.2.0を比較する」記事を投稿する予定です。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次